読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

七転び八起き

観劇記録、ハロプロのこと。たまにLGBTとお仕事の話も。

夢を叶えやすくするかもしれない方法〜写真の活用〜

携帯の写真の整理をしていて思い出したのだけど、そういえば一時期ずっと携帯の待ち受けをデンマークにしていた。夢が叶ったのだなぁ、と感慨深く思った。


携帯の待ち受けを夢のイメージ写真にすると叶うらしい


いかにも自己啓発本っぽい内容で恥ずかしいのだけど、一時期読んでたなにかの本で、「あなたの夢をイメージさせるような写真を携帯のトップ画面に表示させよう」というものがあった。継続力、みたいなテーマの本だったかなぁ。

手軽だったこともあって、すぐ実行した。

当時は相当働き方のおかしさに悩んでいたころで、「世界一幸せな国、デンマークってどんな国なんだろう」「親日的だっていうし、海外旅行慣れてない私でも行きやすいかな」「転職するなら北欧系の外資系企業に入ってみたい」「しかも同性婚も法制化されてるし。デンマークすごく生きやすやそう」って思っていた。

だから、デンマークの写真。なんてことない、よくガイドブックにのってるような写真なんだけどねー。

f:id:ao-re:20160524225134j:image

それからあとも、何回も携帯のフォルダ整理してるのに、なんとなく消せなくてずっと携帯の写真フォルダに入ってて。そうやって思いを込めて選んだ写真だからかなぁ。


スマホ画面の刷り込み効果


確かに、スマホの画面って毎日何度も何度も見る。海外旅行一人で行けるってなった時に、他の選択肢ももちろん考えたけど、結局デンマークにはものすごい惹かれたもんね。

夢のイメージの写真を毎日毎日見ることで思いが高まるって人もいるかもだけど、私の場合、勝手に脳に選択肢が刷り込まれてた、って感じ。おそろしや。

でもその効果で、無意識のうちに少しずつ、日々の行動を変えてたとしても全然おかしくないよなぁ。


結果、叶った夢

結果的に、外資系には行けなかったけど、デンマーク一人旅と、働きやすい会社への転職は叶った。同性婚のこともちゃんと考えるきっかけになった。おもしろいもんだ。

多分良かったのは、一つの画像に意味をたくさん込めたことだと思う。
単純に「デンマーク行きたい!」じゃなくて、私にとってデンマークってなんなのか、なんでデンマークなのか、っていうところが、ここ数年、私の根幹にずっとあった思い(働き方とLGBTのこと)とリンクしてたから、叶いやすかったんだと思うのよね。

ちなみに今はターコイズブルーっぽい青いビーズの写真。これは、前にカラーセラピーやってくれた友達が「独立したい」「それができなくても、恋人と田舎に家を買って暮らしつつ、おもしろく仕事するために、実力をつけたい」っていう私に「ぴったりな色」って言ってくれた色。

どうなるかと、叶うとしてもいつになるのかはわからないけど、叶うといいなー。