読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

七転び八起き

観劇記録、ハロプロのこと。たまにLGBTとお仕事の話も。

鈴木花音ちゃん卒業コンサート 感想

遅くなっちゃったけど、ずっきの卒コン感想。
f:id:ao-re:20160606085851j:image

ずっきは最後までヒマワリみたいな笑顔だった

ずっきはアンコール後に一人で舞台に出てきたと思うと、マイクなしで「ありがとうございました!!大好き!!」と叫んで、ふつうの女の子にもどっていった。

席の場所の関係で横からしか見えなかったから、あとで写真を見たのだけど、ヒマワリたくさんのドレスに負けないくらいの、眩しすぎる笑顔だった。妄想だけど、きっと、ファンが好きって言ってくれた笑顔で、みんなの記憶に残りたかったんじゃないかなぁ。不覚にもキュンとしてしまった。

メンバーとの関係性

卒コンといえばつきものなのが、メンバーひとりひとりからの愛の告白、もとい、お別れのコメントなのだけど。

もうみーんながグズグズに泣いてて。まーちゃんや、おださくや、ふくちゃんまで。生田さんは相変わらずカラッとしていたけど。(そんなとこも好き笑)
ずっきの包容力とか、みんなの中でやっぱり大事な存在だったんだなーっていうのがすごくよくわかった気がした。

まーちゃんの、「やったー!もう怒られなくて済む!」からの、だんだん声が潤んでいって「泣かせるなんてありえない!」って逆ギレするとこ、ちょーかわいかった。まーちゃんにとっては、なんかよくわかんないけど、大きい存在だったんだろうなぁ。
ふだんあんまり心のうちを言わないおださくが、ずっきには話せたってエピソードも、ふくちゃんが、さっきまでバリバリ歌って踊って一層リーダーらしくなったなぁって思ってたのに、急にものすごい頼りない甘えた声音で、「ほんとはすごくさみしい」って言うところとか。もー胸に刺さりすぎて!

逞しい彼女らは、きっとまたすぐにたちあがってゆくのだろうけど、なんだか私もすこし、たよりない、途方にくれたような気持ちになってしまった。どうなってゆくのだろうなぁ、モーニング娘は。見守って、一緒に歩いてゆくしかないのだけどね。

ずっきの歌は安定感あるよなぁ

さて、戻って、ライブの話。しばらくナマでは追いかけられてなかったから、席が悪かったとはいえすごく楽しかった!やっぱりモーニング娘。のパフォーマンスはすごい!めちゃテンション上がる!

仕事で遅刻したので話題のMr.moonlightが見られなかったのはほんとに残念!

でも、ふくちゃんは歌声がより貫禄を増したようだったし(なんか、鞘師の歌い方に似てきた?)、くどぅも相変わらず一生懸命な中でダンス上手くなってきてる気がするし、まーちゃんはまたかわいくなってるし、おださくは安定の歌のうまさだし。

だーいしもすごくすごくすごく、ダンスキレキレだった!生田さんも、バク転4回転定着してきたね!すごすぎ! 

やっぱり私、モーニング娘。大好きだー!

わがまま気のまま愛のジョークが好きすぎるので、セトリに入ってたの嬉しかった。
あと、どの曲だったか興奮しすぎて覚えてないけど炎柱と煙の演出、かっこよかった〜!

卒業してゆくずっきはというと、やっぱりねー、「このこがいると歌が締まる」メンなのよねー。最上位で目立つくらい歌上手い訳じゃなくても、しっかり支えてくれてて、ずっきパートは安心感あるのよね。
私の推しのくどぅとのダブルセンター、Oh my wish!もやっぱり良かった!

二つの喪失感と、新しい世代の始まる予感


良かった、のだけど、なんだか、このライブのあとくらいから、急に「ああ、今までとは変わってゆくのだなぁ」ってしみじみと感じたのよね。
モーニング娘。のファンになってから初めての卒業が鞘師の卒業で、まだこういう経験が浅いからかもしれないのだけど。なんか、喪失感。

あの、パワフルな声と踊りで引っ張ってくれた鞘師は、遠くで頑張っているし、もちろんハロプロには籍があるのだけど、もう私が好きになったばかりの頃の鞘師がいて、ずっきもいる、モーニング娘。は二度と戻ってこないんだなぁってなんだか実感してしまって。すごくすごくさみしい。

秋ツアーも発表されたことだし、いい形で進化していけることを祈るばかりです。