七転び八起き

観劇記録、ハロプロのこと。たまにLGBTとお仕事の話も。

【DVD感想】Club SLAZY The 4th invitation 〜topaz〜②

遅くなりまして申し訳ありません。4のDVD感想の続きです。

 

Club SLAZY The 4th invitation~Topaz~ [DVD]

Club SLAZY The 4th invitation~Topaz~ [DVD]

 

↑感想はその1はこちら。

 

念のため。 ネタバレ嫌な方は、ここから先は見ないほうがいいと思います。特に、後編なので。

 

舞台は現代へ。

ジュニアちゃんパートが終わって、舞台は現代へ。Bloomさんがそれとなく、Do-Bapが戻ってることをDeepさんに伝えるのだけど、Deepさんは全然素直になれなくて「会いたくなかった」とか「あなたがいるとバランスが崩れる!やっと見つけた僕の居場所だから。帰ってください」とかって言う。当然よね。置いてかれたって思いがきっと強かったんだろうなぁ。

で、意地張ってるDeepさんの背中押してくれるのがなんやかんや面倒見のいいCB様。」言いたいことあんだろ、兄貴に」って送り出してくれてやっと素直になれる。(このシーンで二人がやっと面と向き合ったときクールビーンズさんが口元押さえて泣きそうになってて「ママかよ…!」って思いました。かわゆい)

で、「おかえり、ようこそClub SLAZYへ」ってDo-Bapさんにやっと言えるわけよ。恨みごとじゃなくて、おかえり、だったことに私はわりと驚いたし感動した。お兄ちゃんを、やっぱり待ってたんだねぇ、Deepちゃんは。で、それをBloomが、自分は8だって言えないけどそれを横で見守ってて。この時のBloomさんはずっと俯いてるんだけど、どんな気持ちで聞いてたんだろなぁ。主観だけど、じっと二人の会話に聞き入ってるように思えた。

和解した二人は、ステージで一緒に踊ることに。ここは後述しますけど、ほんと、鳥肌もののとても特別なステージだった。
ステージに出て行くとき、Deepさんは「8にも見せたたかったなぁ」ってQちゃんに言うのだけど、それに「多分見ていますよ」ってQちゃんは言ってあげるの。このシーンで、下でその会話をBloomさんが客席に背中向けて聞いてて。「嘘だ」って言ってちょっと笑うDeepさんに、Qちゃんは優しく優しく、「どうでしょう」って言うんだ。この時の声がほんとに優しくて、もう切なくてたまらなかった。で、下に降りて行って、Bloomさんがその会話まるで聞いてなかったみたいに普通に微笑んで扉開けてあげて、扉から出てったDeepさんの背中をずっと見てるの。そうすると今度は9ちゃんが下りてきて、「一度きりのライフ、これでいいのかい」って歌いながら扉開けてBloomを促して、Bloomさんもステージへと向かう。この一連のシーンがとにかく印象的で、うつくしくて、何回見ても胸が詰まる。元のかたちの幸せには戻れないんだけど、お互いがお互いを想ってることが本当に伝わってくる最高のシーンでした。

 

特別なショータイムと曲のこと

ここからはラストのショータイムと曲のことを。

ちなみに、冒頭のショータイムでは新曲Money Moneyをブルームさんが披露します。新曲は、キャストの皆様も特典やらイベントやらでたびたび「かっこいいよね!」「好き!」って言ってるくらいちょっとムーディなかっこいい曲。Bloom様、白手袋で金ぴかスタンドマイクで、緑色のスポットライトビカビカあたる中で歌うのだけど、ほんとまじかっこいいし美しい。

ラストのショータイムでは、Bloom様はいつもの「あなたは知らない」を歌います。相変わらず目線と手つきがいやらしくて最高。間奏のところがいつもの椅子プレイではなく、ドン底兄弟のコラボダンス。二人が左右の端で、スポットライト浴びながらキパキパ踊るのがほんとかっこいい!二人ともダンスうまいし。
続いてCB様のクレイジーガール。私、あの出だしのいやらしい音楽のとこ大好き!で、CBが出てくると、今回全然歌わせてもらえなかったもんだから、「本当に待たせたな〜おまえら!」って出てきて、ほんとだよー!って思った。曲の途中で一緒に踊ってるDo-BapとDeepを紹介するところも、楽しそうだし嬉しそうだし、終わった後のもうCB様ったら〜!ってなる。
そのあとの幕間、Qちゃんの「そして今日も、遠くにほんの僅かに聞こえる彼らの声を頼りに、誇りに思いながら足跡を消しています」的なセリフが入ってて、これもすごいじんわりする。
その後、CB様の二曲目。セレナーデ。セットの上の方でセレナーデを歌ってて、下でDo-Bapさんがずっとそれを見つめてるんだけど、その表情がすごくいい。イベントのときの倉貫さん曰く、「初めて出会った時の曲をまだ歌ってるんだ」って思いながら見てるらしいのだけど、憧れるような、切ないような複雑な表情で見てるのだよね。で、後ろにいつの間にかDeepさんが来てて、ふたりで微笑みあって。Deepさんが昔兄弟でやってた太もも叩く合図して、出て行く。どん底兄弟せつなかわいい。最高。出て行くDeepに笑顔で扉開けてあげるQちゃんも素敵。そのあと、BloomとOddsが出てきて三人で歌うのだけど、歌うまな三人なのでほんとにハーモニーが綺麗で、なんだかしんみりした。

で、しんみりからの、いよいよラストのDeep曲。ほんと、Deepさんの真骨頂のあっかるーいランナウェイピエロで、ほんと幸せを感じた。幸せなのにめっちゃ泣ける。始まる前に、セットの上でDeepが台詞言ってる後ろにBloomさんが上がってくるのだけど、歌い始めに、超いい笑顔でドーン!って背中押して送り出すのよ。これがたまんない!で、お兄ちゃんに見せる全力ランナウェイピエロは、途中からジュニアちゃんも出てきて新旧Deep共演になるのだけど、ほんとに楽しくて切なくて、いつも笑いながら泣いてしまう。最後全員で集まって、ポーズとるところは、ほんと幸せに溢れてる。SLAZYのこの家族感大好きだよー。

 

ラストシーンに残る謎

いよいよ本当のラストシーン。兄弟の共演が終わって、Do-Bapさんはまた旅に出る。ちょっとだけ切ない別れ。

で、Do-Bapさんは最後会ったことないはずのActさんの真似をして去っていくし、それに気づいたBloomがその話をしてる時にQちゃんに「あなたも気づいてるんでしょう?」って言われるBloomさんが「あそこに足跡の消し忘れがあること?それとも支配人がこの店にいないこと?」って返すのも不穏だし、オッズさんが追いかけて行ったDo-Bapさんも、「お前、今どこでなにしてる?」「お前本当はSLAZYになにしに来た?」って言われてなんだかはぐらかした答え方するし、また謎の深まる終わり方でした。5がまじで気になります。

 ちなみに、DVDに収録されてるAtoZは、恒例の「なんばわーん!」のあと、クリスマスバージョンでみんなへんな帽子かぶったりキラキラしたやつ巻きつけたりしてて、ほんとかわいいです。一見の価値ありです。

 はー、SLAZYも最終章が今年の末に来るってことで、寂しいけれど、DVDからでも絶対楽しいから、まだ見てない方は是非是非みてくださいね!

 

Club SLAZY The 4th invitation~Topaz~ [DVD]

Club SLAZY The 4th invitation~Topaz~ [DVD]