七転び八起き

観劇記録、ハロプロのこと。たまにLGBTとお仕事の話も。

マイナー趣味について聞かれるとつい放っておいて、って思ってしまう

マイナー趣味だなぁと感じる瞬間

人と趣味の話をすると、住む世界があまりにも違うことにクラクラすることがあります。

特に違いを感じるのは、アイドルにも本にも漫画にも映画にも舞台にも興味がなくて、お休みの日には家事をまとめて片付け、友達とご飯に行き、趣味は特にないんだけどあえていうなら旅行かな、という人。あるいは、趣味がスポーツとか山登りとか、ガチ肉体派の人。家族持ちで土日は当然家族で過ごすよっていう人もそうかもしれません。わたしはなにかしらの創作された作品を摂取していないと生きられないのに、そういうもののごく少ない世界で生きているのか、と思うと、気が遠くなるような気持ちになります。

特に舞台趣味を始めてからのことを思うと、いつの間にかテレビドラマから遠ざかり、平日夜と土日の楽しみは舞台鑑賞か舞台DVD鑑賞に。聞く音楽も舞台CDが増えてきて、最近なにが流行ってるかよくわからない。(三代目じぇいそうるぶらざーずとか?)だから余計に趣味の話、しても伝わらないだろうな、みたいな気後れがあります。

 

舞台音楽の楽しみ

ところで、舞台音楽って奥深いですよね。わたしは、詳しいわけではないのですけど、和田俊介さんとか、あらいふとしさんとか、Asuさんとか、舞台がきっかけで名前を覚えた作曲家の方が何名かいて。すごい才能だなと感嘆することも多いです。だって、一本の舞台に対して、まだ公演される前からイメージを膨らませて、何曲も作曲して、その曲が舞台の世界観の一翼を担っていくんですよ。ほんとにすごい。舞台好きな人じゃなかったら、誰それ?ってなるかもしれないですけど、でも、すごいもんはすごい。きっと、そんな作曲家さんが無数にいるんだなぁ、世の中というものは才能に溢れているんだなぁ、としみじみと思います。

既存の楽曲を使う舞台でも、すごく好きなのがたまにあります。中屋敷さん演出の、ロマンス2015は良かった。ガガ様のド派手曲からはじまり、劇中にバックでかかってる曲には「ロマンス」ってタイトルに入ってる曲があって遊び心を感じました。セトリが欲しいって思って書かれてるブログがないかと当時探したんですけど、見つからなくて残念だったなぁ。

 

(余談ですけど、ロマンス2015にはわたしの好きなBerryz工房のロマンスを語っても使われてて、ときめきました。Berryzっぽくない、可愛い感じの曲で、みんなの衣装もほんと天使。PVは昭和感ただよいますが…)

 

 世間からの隔絶感

ともあれ、話を戻しますが。そんな才能に感嘆しつつ舞台CDばかり聞いていると、世間様からの隔絶感もなかなかでありまして。会社の人にカラオケに誘われたりしても、最近弥次喜多とSLAZYとモーニング娘。(これは舞台じゃないけど)しか歌ってないことを思い出して目は泳ぎ、いかに帰る口実を見つけるかばっかり考え出す体たらくです。

ちょっとくらい流行りものを知っておこうかな、あとでオリコンとか見てみようって思うんですけど、まー、思うだけで実行できたためしがありません(笑)

 

もう放っておいてください。わたしはわたしで幸せなんで、と思ってしまう。

そんなわけで、趣味があまりにも違うみなさんには、最近は歩み寄るのをすっかり諦めて、気を使って「最近どんな舞台見たの?」とか聞いてくれなくてもいいですよーって思ってしまうようになりました。気遣いありがとうございます、でも放っておいて、と。

ブログでは饒舌に丁寧に好きな作品のことを語りますが、きっとそれは舞台や映画や本や漫画を楽しむような人に対して、共通の土台があるって思うからこその書き方を無意識にしているんです。だから、その土台のないところで説明しようとしてもこぼれ落ちるものが多分たくさんたくさんあって、あんなに好きなはずの作品がわたしが口に出した途端取るに足らないつまらないもののように聞こえてしまうんです。それが、嫌なんです。その作品のわたしにとっての大切さを損ないたくない。

まあ多分、彼ら彼女らが社交辞令的にそれを聞いてくれてもきっと行くことはないと思いますしね。と自分にいいわけしつつ諦めてます。
なので、たまに舞台好きさんのあるある漫画とかで見かける、趣味はなに?とか最近見たもので面白いのあった?ってその道に興味ない人に聞かれてもきちんと説明する方は、すごいなぁ、チャレンジャーだなぁ、きっと、熱量のとても高い方なんだろうなあ、と尊敬するような思いです。

 

今日のブログ中に書いた好きな音源たちを列挙して終わろうと思います。

ロマンスを語って/永久(とわ)の歌 (初回生産限定盤C)(DVD付)

ロマンスを語って/永久(とわ)の歌 (初回生産限定盤C)(DVD付)

 

 

演劇女子部ミュージカル「リリウム」少女純潔歌劇オリジナルサウンドトラック

演劇女子部ミュージカル「リリウム」少女純潔歌劇オリジナルサウンドトラック

 

 

えにし/弥次喜多ダンシング

えにし/弥次喜多ダンシング

 

 

LUV SLAZY II PLAY BUTTON (LIVE盤)

LUV SLAZY II PLAY BUTTON (LIVE盤)

  • アーティスト: 太田基裕,米原幸佑,加藤良輔,井澤勇貴,後藤健流,法月康平,インザーギ,渡辺大輔,藤田玲,K-TA2,WATARU,池口裕太
  • 出版社/メーカー: CLIE
  • 発売日: 2015/12/09
  • メディア: CD
  • この商品を含むブログを見る