読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

七転び八起き

観劇記録、ハロプロのこと。たまにLGBTとお仕事の話も。

推しの話〜好きな藤原祐規さんの役名ランキング〜2016年10月現在

もうすぐ弥次喜多イベント

今週末はおんイベント真夜中の弥次さん喜多さんですね。初めてふじわらさんにお手紙を渡すということと、かなり良席だったということと、何人かフォロワーさんともお会いするということで、かなりドキドキしております。楽しみ。

ところで喜多さん役のふじわらさんのことが大好きなわたしですが、ふじわらさん出演作品全部の中でもやっぱり喜多さん役が一番好きです。というわけで、わたしが見た作品の中の藤原祐規さんで好きな役をランキングにしてみました。

 

※ほんとはお写真たくさんにしたかったんですけど、肖像権やら何やらにひっかかるといけませんので、今回はやめました。(権利関係詳しくないのですけど、基本的に元リンクのない写真は使わないようにしてます)とりあえず元作品へのリンクはできる限り入れておきますね。気になったらお手数ですがぐーぐる先生で画像検索かけてみてくださいませ。

 

好きなふじわらさんの役名ランキング

1位 喜多さん(真夜中の弥次さん喜多さんシリーズ)

みんな大好き喜多さん。ふじわらさんファンの間では喜多さんの人気はかなり高いと勝手に思ってます。ご存知の方も多い作品ですが改めてちょっとだけ説明しますとヤク中のゲイの設定で、唐橋さん演じる弥次さんとラブラブ珍道中を繰り広げます。喜多さんは、なによりも溢れ出る色気がすごく好きです。

あのド派手でファンシーな色合いの和服がとってもお似合いで、彼の色気の源泉の一つである指や腕や、それらの動きの美しさが引き立っていると思います。それから、わたしはふじわらさんはおでこと、目を伏せた表情がとても綺麗だと思っているので、おでこを出してる髪型もいい。

さらに、弥次さんとラブラブ設定なので、弥次さんを見る目つきもなんだか色気がたっぷり。

わたしが喜多さんを好きなもう一つの点は、一言でいうと、演じ分け。喜多さんって普段はちょっとけだるげにしてるか、ボケかツッコミかでいうとボケ多めで可愛い感じなんですよね。でも、お薬に狂ってる時はちょっと怖い感じで大声で笑ったりするし、弥次さんを失った時は、ものすごく悲痛な声ですすり泣く。おんすての時はダンスもすごくて、ヤク中っぽい感じで頭振ったり足あげたり結構激しく踊るんですよね。

喜多さんってそういう意味ですごく振り幅の大きい役だと思うんですけど、そのいろんな角度の喜多さんの魅力をふじわらさんは余すところなく演じてくれます。それでいて、いろんな面があるのに全部ちゃんと喜多さんなんですよね。ふじわらさんの演技の達者さと、役への入り込み度や理解度の深さを感じられるので、喜多さんの役はふじわらさんのためにあるような役だなと思います。(やってる側からしたら結構疲れるんだろうな、こういう振り幅の大きい役…)

おん・すてーじ『真夜中の弥次さん喜多さん』 [DVD]

おん・すてーじ『真夜中の弥次さん喜多さん』 [DVD]

 
えにし/弥次喜多ダンシング

えにし/弥次喜多ダンシング

 

 

2位 オリーブさん(舞台インフェルノ)

前にも別のブログでたくさん語りました。オリーブさん。ちなみにふじわらさんの出てる作品ランキングでいうとインフェルノはそうでもないです(笑)いや、もちろん面白いですけどね。作品が抜群にいいっていうより、ほんとに役としてインフェルノのオリーブさんが好きなんです。

理由は、一つ目は繊細な感情表現を感じられること。オリーブさんって静かな見守るタイプの役なんですけど、静かで優しい中にもグラデーションがあって、声の出し方とか、仕草とか、目線のやり方とかでそれを表現されてるように思うんです。それが、すごい。オリーブさんという人のことを本当に大好きになってしまうんです。特に、最後のシーンで語られる「僕はまだ大丈夫…大丈夫、だと思う」の言い方はいろんな感情がこもっててすごくいい。そして腐女子心も擽りまくりますのでご注目を。

二つ目は見た目。眼鏡白衣で白衣の下はスーツ、靴は先っぽとがったオシャレ靴。すごく素敵。わたし眼鏡男子に弱いんですよ…。もう無理…。ずっと見てられる…。

感情表現のとこは、DVDになっちゃうとちょっと見にくいかなぁ、と思います。全然先のことはわかりませんけど、もしインフェルノ続編をやるなら、生で一度はご覧になることをお勧めします。

舞台「インフェルノ」 [DVD]

舞台「インフェルノ」 [DVD]

 
 
3位 クリッパラ(マグダラなマリアシリーズ)

マグダラなマリアシリーズは演出家さんが淫交事件で逮捕・収監されてシリーズが中断したという曰く付きのシリーズ。事件自体はほんとふざけんな、と思いますが、作品だけを切り出して見たらわりと面白いと思います。

お話はマリア・マグダレーナさんという、高級娼婦で女優という方が主人公なのですが、主にマリアさんの娼館で起こる事件を主題にしています。なので、ちょっとエッチな感じで歌もたくさん(しかも超クオリティ高い)なコメディ。下品な下ネタとかちょっとセクハラっぽい表現とかをそういう世界観だと思って笑って許せる方にはお勧めです。

そんな中で若かりし頃のふじわらさんはというと、ドMな広告会社のエリート営業マン、クリッパラ役。クリッパラはほんと仕方ないくらいのドMです。しばかれる時はいつも彼、「ふっふーい!」って超高音で啼きます。超たのしい。亀甲縛りにされたまま天井から吊るされ、吊るされながら歌歌ったりもします。滅茶苦茶や。

ちなみに、ふじわらさんとクラブスレイジーなどなどで共演している太田基裕さんがアンナという超美しいボンデージなナチの女性高官役で出てきて、「マリアさんの夢は夜とかに開く!」では、クリッパラがアンナ女王さまの命を救ったりしばかれて大喜びしたりします。

あ、声優ファンの皆さまにも嬉しいのはツダケンさん演じる高級娼婦でマリアさんのマネージャー役のグレイスさんとの絡みも結構あるところ。グレイスさんにもしばかれて喜びます。わたしこの二人の組み合わせ可愛くて好きです。

【DVD】舞台 マグダラなマリア ?マリアさんの夢は夜とかに開く!魔愚堕裸屋、ついに開店!?

【DVD】舞台 マグダラなマリア ?マリアさんの夢は夜とかに開く!魔愚堕裸屋、ついに開店!?

 
マグダラなマリア―魔愚堕裸屋・恋のカラ騒ぎ―【DVD】

マグダラなマリア―魔愚堕裸屋・恋のカラ騒ぎ―【DVD】

 
マリア・マグダレーナ来日公演 マグダラなマリア マリアさんのMad Apple Tea Party

マリア・マグダレーナ来日公演 マグダラなマリア マリアさんのMad Apple Tea Party

 

4位 ロイエンタール(銀河英雄伝説)

珍しく二枚目役で、女たらしの下級貴族のロイエンタール。でも超仕事できるお方。わたしが初めて舞台でふじわらさんを見た作品なので思い出補正かかってますし、万人にはお勧めしませんが、珍しい感じのふじわらさんも見てみたいって方には是非に、とお伝えしたいです。

双璧の片割れ、ミッターマイヤーとの絡みがすごくいいのと、真ん中分けの髪型が彼の綺麗なおでこを見せてくれるところと、戦うシーンで手つきが美しくて下級貴族っぽいところが良いと思います。

舞台 銀河英雄伝説 初陣 もうひとつの敵 [DVD]

舞台 銀河英雄伝説 初陣 もうひとつの敵 [DVD]

 
 
5位 Zs(Club SLAZY)

おジーズさんにはちょっと複雑な気持ちを抱いています。なんだかオネエな感じの喋り方で、確実に変人なクラブスレイジーの支配人役。3作目まで出演で、ショータイム前のMCは大体彼が務めます。

特にわたしは1作目のおジーズさんの流れるようなMCが好きで…。1作目のおジーズさんの歌の歌い方も好きで…。ペイシェントオブラブというめっちゃ可愛い曲が持ち歌です…是非聞いてほしい…。歌の中で「少しのペッパーとパプリカ、バニラ、シナモン、ミント、ローズマリー、オリーブに、カモミールを混ぜて呪文を唱えて、最後は、そしてラブ」を注入して恋に効くなにかを作ってるんですよ。ひたすらに可愛い。曲中のステッキ使いも素敵。(でもよく考えてみたら不味そう)

あとはオーナーやQちゃんとの絡みもすごく萌えを掻き立てます。ふじわらさんが好きな腐女子的には3作目のオーナーとの関係性がどことなくえろく意味深に感じられることでしょう。

でもー、おジーズさんはおふざけキャラ過ぎるところがちょっとだけわたしの好みに合わないんですよね。なんか企んでる風味ですし、すごく頭のいい人って描写はされるんですけど、いまいちその辺が明確には描かれないまま、最後の作品にも出ないことがわかってたりして…。ちょっとモヤモヤします。そして、見た目的にも、決して嫌いじゃないんですけど…他作品の役と比べてしまうとちょっと違うんですよね。なんだろ。おでこ出てないからかな。髪短い1作目の見た目は嫌いではない。

ちょっと書ききれないのでおジーズさん個人の感想は別記事にぜひ、12月末までに書きたいと思います。(年末ライブ最終日だけ出演決定おめでとうございます!) 

Club SLAZY [DVD]

Club SLAZY [DVD]

 
Club SLAZY The3rd invitation [DVD]

Club SLAZY The3rd invitation [DVD]

 
Club SLAZY The2nd invitation [DVD]

Club SLAZY The2nd invitation [DVD]

 
 
6位 ソラ(PRINCE KAGUYA)

基本ハイテンションな座敷わらしのソラちゃん。演劇史上最も破天荒なストーリーテラーを目指しているだけあって舞台上をゴロンゴロン転げ回る冒頭の印象はものすごく強い。でも時々切なかったり悲しかったりする表情が見えるところがツボにくるんです。最後の方に明かされる設定がね…すごく泣かせるんですよね…。主人公のカグヤのことをすごく大事に思ってるところや、カグヤとの関係性、蒼いひらっとしたお衣装も素敵。

位置付けをすごく迷ったんですよね…ジーズさんより上か下か。でも「もう一度見たい度」でジーズさんの方がちょっと勝ってたのでこの位置に。たぶんわたしが、基本的に可愛い子供キャラより大人キャラの方が好きだからっていうのと、おジーズさんはソロ曲持ってて歌って踊るから、ソラのもう一度見たい度がちょっとだけ低めになったんだと思います。

過去の感想記事はこちら。

 
 7位 文蔵さん

とっても可愛い。タップダンスも披露。桃奴姉さんにくるって回されたりする。苦労性。お話の中でも最後の悪役さんとの対決シーンで結構重要な役どころを演じます。そこもすごく頑張ってる感じで大変好感の持てる子です。

でも登場場面が少なめなことと、髪型と衣裳の好み度合いと、性格傾向で文ちゃんは7位。文ちゃんは揺るがないんですよね、あんまり。まっすぐな子だと思います。でも、わたしは陰影のあるキャラクターをやってる時のふじわらさんが好きなので、他の役と比較するとランキングは低め。作品自体はすごくたのしいので、見て損はないと思いますー。

こちらも、感想記事置いていきます。

 

 

 

今後好きになりそうな役名は断然八戒。次いで佐助。しゃばけの屏風のぞきも気になる…。

 今後、フォロワーさん数名にめっちゃ勧められてる最遊記歌劇伝を、半年以内くらいにはDVD買いたいと思ってるんですが、八戒はきっと好きになっちゃうやつだと思ってます。わたしの好きな陰影の深い、繊細な感情表現が出てきそうな役だと思いますので…。

極上文學の春琴抄は、原作がすごく好きなのとドMでひいひい泣いたり美女に蹴られたりするふじわらさんの尽くしっぷりが見たい。とても見たい。

そして、年始のしゃばけ!しゃばけの屏風のぞき、飄々とした感じの役で、原作では結構好きなんですよね。こういう役、たぶんお得意だと思うのでこれも好きになりそうな予感がしております。

 

最遊記歌劇伝-God Child- [DVD]

最遊記歌劇伝-God Child- [DVD]

 

 

以上!いっぱい語ったわー満足!ふじわらさんファンのみなさまの作品選びの参考になれば幸いです。