七転び八起き

観劇記録、ハロプロのこと。たまにLGBTとお仕事の話も。

観劇感想:スマイルマーメイド(ネタバレなし)

心、抉られた〜!

最近こんなブログを書きました。

10月11月としばらく観劇のない時期が続いていたのですが、ようやく何日か前から今年最後の観劇ラッシュが始まりました。でも「楽しいけど最高!っていうほどではないなぁ〜」と思ってしまっていて。終わった後にずっとその作品のことを考えてしまうようなハマる作品と、そうでないものの差について考えていました。

すると、おそらく、

  • 「心を抉られる」=ショッキングな展開や自分自身に照らし合わせて深く共感する展開がある
  • 「世界観に浸れる」=唯一無二の世界観が確立されている、舞台装置等が世界観にぴったりあっている、演技や演出に違和感がなく集中して見られるなど

という二つの掛け合わせた度合いが高いものにはハマるという法則に気づいたんです。

 

でも、直後に早速心抉られてしまった〜!ずぎゅん!スマイルマーメイドすごくすごく良かったです〜!衝撃のラストシーンと、実力あるダンサーさん、歌い手さん、役者さんと素敵な舞台装置・衣装・照明・音楽によるしっかり浸れる世界観!これこれ!こういうのを求めてましたー!!

でも、主演の蒼井翔太さんがこう仰っているので…

今回は極力ネタバレなしの感想を述べるよう努力してみます。ネタバレあり感想は千秋楽終わったら!(ただし、ネタバレ基準って人によって違うので、私はネタバレなしで書いてるつもりですけど、ほんの少しでも内容に触れるのは嫌な方は念のため、観劇後にご覧ください)

 

美しすぎるし女子にしか見えない蒼井翔太さん

f:id:ao-re:20161203121902j:image

蒼井翔太さん、最近レジェンドステージの春風外伝とプリンスカグヤのDVDを見て、いつか生で見たいと思ってたんです。なので、行けなくなってしまったフォロワーさんにチケットをお譲りいただいて、行けることになった時には本当に嬉しかったです!(ららこさん、本当にありがとうございました) 

そして見に行って、実感しました。ほんとにすごい。今までも女子にしか見えないと思ってきましたけど生で見てもそうでした。魂が女の子のかたちをしているんじゃなかろうかというくらいの女子ぶりでした。そして響き渡る素晴らしい歌声…!天使の歌声と言われるのが納得の歌声でした!お衣装もすごくすごく綺麗で似合っていらっしゃいましたし、ないはずなお胸が見えてくる感じ!(笑)

さらにさらに、プリンスカグヤと春風外伝を見た上で思ったのですが、わたしは翔太さんが芯の強い女を演じる時が一番好きだなぁと思いました。どの役も強さを秘めた役ではあるんですけどね…!マリナの強さはまた特別な感じがします。マリナはあんなに可愛くて美しくて心も綺麗でみんなの憧れなんだけれど、純粋ゆえの激しさを秘めているっていうか。人魚姫のストーリーでもそうですけど、好きになった男をなにかを捨ててでも一心に追いかけるあの熱情に圧倒されました。

…うわー!!!!ネタバレしたいー…!どんな類の強さなのかほんと語りたい!!ネタバレ記事はきっと別に作りますね!!

 

ストーリーのこと

ストーリーは人魚姫伝説をベースにしています。でもよく知る人魚姫伝説とはまた一味違う味わいでした。テーマは「愛」なんですけれど、わたしの見終わった直後の感想はこう。

劇中では親子の愛、夫婦愛、兄弟愛、キラキラした愛、憎み呪う愛、…様々な愛の形が様々なキャラクターによって表現されるのですが、主人公のマリナの行き着いた愛の形が衝撃的で…。しかも結構余白の多いストーリーなので、いろんな役のみんなの過去や「愛の続き」をついつい考えてしまうのです。お話の作りとしては緻密ではないけれど、こういう余白の多い作品、個人的にはすごくすごく好きです。

わたしは女だけど女の子が好きで添い遂げたいと思っていて。マリナと王子ケントのように、家族や周囲の人がすんなり認める形の愛ではないので、なんだかすごく感情移入しながら見てしまいました…。じぶんたちはどうありたいのかなぁ…なんて…。あれは一つの幸せの極端なかたちだけれど、果たしてそうなりたいのか…とかね…。

 

かわいすぎた加藤くんのわんこと、原田さんのイルカ

その他のキャストについて。加藤清史郎くん、ほんとにちっちゃいころの忍たま乱太郎やCMの印象が強かったんですが、エリザベートやレミゼに出てらっしゃるだけあってさすがの演技でした…!最高に可愛かったし最高に歌うまかったし、もうなんかたたずまいがね…!存在感のある子…!その場にいて喋ったり動いたりしてるだけで空気を作れる子だなぁと思いました。カテコの曲の時に客席に降りてきてハイタッチとかしながら飛び回ってましたけど、わたしの周りの客席のみなさんほんとにメロメロでした。ずっと「かわいい…かわいい…」ってざわざわしてました。わんこの王子に対する忠誠心もすごく素敵だった。

そして宮廷道化のドーフィン原田さん。今年なぜか縁があって何回か舞台を見ているのですけれどほんとにお茶目な方ですよね!歌もダンスもスキルものすごいのにお茶目!!唐橋さんと秋本さんの素敵夫婦にマリナの真似をするように無茶振りされるシーンもあって楽しかったですー。(後ろでマリナがもうって感じでプンプンしててめちゃかわでした)

で、陸と海の境界を超えて、加藤くんのわんこと原田さんのイルカが友情を育むのですが、もうこれが最高にかわいくて!!サイズ的にもなんだかお二人は並んでるとマスコットみたいで可愛いんですけど、二人してメリハリのある話し方だし、二人してお茶目だし、ダンスも歌もうまいので、二人がいるシーンは本当に楽しくて幸せな気持ちになりました。

 

ポセイドンとジュジュ様

マリナのパパとママは娘のこと大好きすぎるしイチャイチャラブラブしてるしで、この二人も見ていて楽しかったです。特にジュジュ様の曲は最高!秋本さんは素敵な歌声してらっしゃいますよねー!カサゴの衣装も、後ろのトゲトゲした感じのかさを広げているところがすごく素敵でした。ポセイドンを演じる唐橋さんは珍しくあんまりふざけてなかった…(笑)威厳あるパパ役がとてもお似合いでした。二人とも前半しか出てこないのがほんとに残念〜。

 

人間の王子ケントとサメの王子ルカ、そしてスネイキア

王子ケントはちょっとチャラいいけめんでした。荒木さん、前髪あげてるのが似合ってました。爽やか〜。あんな迫られ方したらそりゃあマリナさんも落ちちゃうよね!そして対照的なサメの王子ルカは暗い暗いと言われて…。かわいそう…。バカ可愛いのに…(笑)曲が俺カッコイイ!俺がヒーローになってやる!的な曲でほんとに可愛かったのと、シャウトが好きでした。王子二人はほんとなんか…しっかりして!王子でしょ!って感じでした。嫌いじゃないですけどね!

スネイキアは、吉田メタルさんの女装!最近メタルさんこういう枠多いですよね…(笑)TRUMPでも女装してたし特撮でもオネエ…。スネイキアのテーマソングのダンスは紐みたいなのを効果的に使っててなんだかかっこよかったなぁ。禍々しさが際立ちました。スネイキアとマリナのシーンは好きなシーンです。圧倒されました。

 

衣装とアンサンブルさん

ところで海の住人のみなさんのお衣装なんですけど、みなさん裾を引きずるお衣装になっていて、話したり踊ったりする時にひらひらするんですよね。アンサンブルのみなさんがひらひらさせていらっしゃるんですけど。最初は面白い演出だなーと思って見てたんですがお話が進むうちにアンサンブルさんの存在が見えなくなって、ほんとに海の中で裾がひらひらしてるみたいに見えてくるんですよ…!すごい…!特にマリナは感情に合わせてヒラヒラが身悶えるみたいに動いたり、ぐわっと開いたり、揺れたりするのがすごくよくて…。カテコの時も、ヒラヒラの下に完全に黒子さんが入る形でお辞儀に合わせてふわっとするんですけど、動かしてる人がいないみたいに見えてすごかったです。

このお衣装の動かし方に限らず、本当にアンサンブルのみなさん、素敵でした!!バレエっぽいダンスや、人の上に人が乗る感じのアクロバティックなダンス、旗で波を表現したり、紐を使ったまがまがしい動きをしたり、いろんな素敵な動き方をされていて、この舞台はアンサンブルさんの存在なくして本当に成り立たないな、と。

 

ほんとに観られてよかった…!

 結論、ほんとに観られてよかったです!レジェンドステージさんの舞台のよさって、ダンスと歌と派手派手演出だと思うんですが、そのよさが最大限に生かされていて大満足です!今回のお話はなかなかに感情を揺さぶられる感じでしたしね…。緻密なお話を求める方には向かないかもしれませんけれどお話の余白を楽しめる方にはオススメ。そういう意味ではちょっとスレイジーに近いかなぁ。

ラストシーンの衝撃と美しさが今も鮮やかに思い出されて胸が痛い…。タイトルの『スマイルマーメイド』の意味も考えさせられます…。しばらくはこの舞台のことを考えてしまいそうです。

 

この舞台で蒼井翔太さんとレジェンドステージさんの舞台が気になってる方はこちらの感想もよかったら見て見てくださいな〜。