七転び八起き

観劇記録、ハロプロのこと。たまにLGBTとお仕事の話も。

2016年の観劇事情振り返り

舞台納めをしてきました

大晦日まで舞台を観るような年、初めてです。でも、とてもとても幸せでした。今日のClubSLAZYスペシャルライブは本当に一年の終わりに見られて良かったと思える幸せで元気の出るライブでした。終わりよければすべてよし。最高の一年だったと言っても過言ではありません。

 

2016年に見た舞台・DVD・舞台関連イベント

今年見た舞台・DVD・舞台関連イベントをまとめてみました。こんな感じでした。

f:id:ao-re:20161231113007p:plain

※表内の★評価はスイの個人的感想です

長!長い!多い!思った以上にたくさんの作品を見ていました。リストを上から下まで数えみたら50を超えていました。

9月辺りを見ると今年後半いかに藤原祐規さんにドハマりしたかがよくわかります。銀英を観て好きだーって思ったからしばらく寝かせていた愛でしたが弥次喜多をきっかけに爆発しました。円盤はできるだけ買わない派のわたしが集めましたもん。フォロワーさんにも貸していただいて、感謝感謝です。表には入れていませんがおんTV真夜中の弥次さん喜多さんも最高でした。下半期は最高に推し充できました。

少年社中さんもかなり観てるなー。社中さんはほんとハズレがないのでガンガン複数回行ってしまいます。パラノイア★サーカスは一回ぶんのチケットしかなかったのに追加追加で3回も観てしまいました。すごく好きな作品です。

ホテカルに満足できずにその足でショバミュの当日券に並んだらすごくすごく楽しめたのもいい思い出。うちの彼女が太田基裕さん推しなのでもっくんの舞台もわりと観てるなーっていう印象です。

 

 

今年の観劇トップ3作品は…

今年見た作品のランキングを作るならばトップ3はこんな感じ!

3位 おん・すてーじ&おんTV 真夜中の弥次さん喜多さん

おんすても、おんTVも、最高にぶっ飛んでて狂ってて、意味わかんなーい!と言いながらもケラケラ笑って、ラストの「愛」を感じさせる終わり方には言い知れぬ感動を覚えたのでした。弥次さんと喜多さんと同じく世間の風当たりの強い間柄の女の子がいる身としては考えさせられる内容でもありました。この作品があったからこそかけたブログもありました。

そして前述の通り、藤原祐規さん沼に落ちた作品でもあります。指の先まで色っぽくて、ちょっとかわいくて、フラフラしてて、もう喜多さん大好きです。弥次さんといつまでも幸せに…。来年の新作、楽しみにしています!

おん・すてーじ『真夜中の弥次さん喜多さん』 [DVD]

おん・すてーじ『真夜中の弥次さん喜多さん』 [DVD]

 

  

 

2位 パラノイア★サーカス

やさしいやさしい再生の物語。ミステリ的な意味でも、こういう、途中でぐるんって見え方が変わる作品大好きです。江戸川乱歩の不思議な世界観を表す楽曲も舞台装置もお衣装も最高だし、一人一人のキャラクターが愛しくて、ボロボロになっても周りの力を借りてまたたちあがろうとする主人公に涙涙でした。わたしも、ちょうど頑張りたくて、頑張って、でも離れる以外の選択肢を考えられなくなってしまった会社を離れたばかりだったので、もう心に沁みてしまって…。本当に、一生大事にできる大好きな作品と巡り会えたなと思っています。

パラノイア★サーカス [DVD]

パラノイア★サーカス [DVD]

 

 

 

1位 Club SLAZYシリーズ

もうこれは文句つけようのない第1位!DVDで観た1と2の印象は「曲とダンスはいいけど微妙」でしたが回を追うごとに世界観や役同士の人間関係が深まっていって、元々の持ち味だったダンスや歌もどんどん良くなって、もの凄い作品群になったと思います。一人一人の関係性や感情に浸りながら観ているともう涙せずにはいられません! 夏に見たAnother worldでは世界観の深さに驚きました。finalはちゃんと広げた風呂敷をたたんで、スペシャルライブでは最後にふさわしい最高に幸せな時間で綺麗に幕引き。あれこれあっても、みんながみんなを想っていて、みんなが笑いあって、わたしたちにも役目を与えてくれて笑って手を振ってくれて。「終わりは始まり」。その言葉の意味を感じさせてくれました。

スレイジーがシリーズ6作品も続いたオリジナル作品であり、それがテレビドラマ化されるというのは本当に大きな意味があると思います。

スレイジー大好きです!演出の香さん!素敵な作品を生み出してくださって本当にありがとうございました!Asuさん、素敵な楽曲たちを生み出してくださってありがとうございました!ずっとずっと、飽きずに聞いています!

スレイジーにかかわる全ての皆さま、来年もよろしくお願いします! 

Club SLAZY -Another World-

Club SLAZY -Another World-

  • アーティスト: 大山真志,加藤良輔,法月康平,Kimeru,東啓介,後藤健流,長倉正明,石坂勇,K-TA2,池口祐太,今井稜,橋本有一郎
  • 出版社/メーカー: CLIE
  • 発売日: 2016/11/30
  • メディア: CD
  • この商品を含むブログを見る
 
Club SLAZY The Final invitation~Garnet~ [DVD]

Club SLAZY The Final invitation~Garnet~ [DVD]

 
Club SLAZY SPECIAL LIVE2016 [DVD]

Club SLAZY SPECIAL LIVE2016 [DVD]

 

 スレイジーに関してはたくさんブログ記事を書きすぎたので記事リンクは貼りませんが、スレイジーカテゴリ作ったのでぜひ一番上のグレーの文字のSLAZYと書いてあるカテゴリリンクか下のリンクから飛んでくださいませ。(Menuには反映させていません)またライブのブログも書きますね。

 

特別賞 THE CONVOY SHOW "1960"

特別賞はコンボイです。たまたま舘形さんが好きな彼女に連れられて観たら最高に良かったです。わたしは映画においてはおじさん好きなのですが、観劇を始めてからは若くて綺麗な男性俳優さんたちに傾倒していました。でも渋いおじさまたちの魅力を再確認しました。ほんとにかっこいいんですよ…色気すごいし…ダンスも歌も最高級品なんですよ…。そしておじさんなのにやたら可愛い…。ミュージカルとショーっていう構成もスレイジーに近くて好きです!

来年の新作にはスレイジーにも出ていた後藤健流さんも出るということでチケットは二枚取りました。大変大変楽しみです! 

 

総括

今年の観劇を振り返ると、転職前後にはしゃぎすぎてお金たくさん使ってしまったなーと反省しつつも、ハズレは例年に比べて少なかった!好きすぎる舞台が多かった!!大満足!!という印象です。席運はすごく良くはなかったですけれど、激戦の刀ステやスレイジーでちゃんと一回は席を確保できたのでそれだけでもう満足です。推しの植原卓也さんがあんまり好みの舞台に出てくれなかったのが残念なくらいですかね。ふじわらさんに関してはわたし好みの舞台にも出てくださる上にイベントでもツイキャスでもアニメでも声が聞ける、お姿が見えるという本当に幸せな推しライフが過ごせました。最推しの二人以外でもコンボイの皆様と太田基裕さんと法月康平さんの良さを新たに感じられたことと、ずっと遠くから見守っていた白又さんの成長をパラノイアで感じられたことはとても良かったです!

そしてそして、舞台を通じて繋がれた方がたくさんいたことも今年の特徴だと思います。ブログとツイッターで好きなものを好き!って主張していたら、みんながニコニコしながらわたしもわたしも〜!とかなにそれ面白いの〜?って近寄ってきてくださる感じです。観劇ブログやってて良かったって思うこともしばしば。みなさん、本当にありがとうございました。

来年も楽しい観劇ライフを過ごしたいものです。年始最初の舞台はしゃばけ。続いて、手紙。どちらもすごく前の方の席を取れてしまったので、緊張しつつもすごく楽しみです。貯金をちゃんとしようと思い始めたので回数は減らしますが、そのぶん一つ一つを楽しみます。

来年も観劇感想をたくさん書いていきますよ!来年も七転び八起きをよろしくお願いします!!