七転び八起き

観劇記録、ハロプロのこと。たまにLGBTとお仕事の話も。

ブログ一周年です

今日でブログを始めてきっかり一年です。

 

みなさま、一年間、大変お世話になりました!

読んでくださってありがとうございます(´∀`*)

 

わたしも一年続くと思っていなかったし周りの人にもそう言われます。びっくりです。思ったよりも文章を書くことが楽しくて、ブログがあったからこそ、より一層充実した一年になったなぁと思います。そしてブログがきっかけで観劇友達もセクマイ友達も、Twitterやブログを通して緩くつながっている方も増えました。本当にありがとうございました!

 

最もよく読まれたブログ記事

では一周年記念ということで過去記事を振り返ってみます。アクセス解析を始めたのが3月くらいからだったので、3月から今までの間でよく読まれている記事です。 

 

1位 【観劇感想】Club SLAZY 〜another world〜ネタバレあり(世界観と楽曲のこと)

あの小さい箱でやってる舞台の記事が一番読まれてるってすごくないですか。驚きました。書いてから今日までのトータルのPVが4900くらい。やばい。スレイジーは2016年でものすごく大幅にファンを増やした感じがしますものね。もしかしたら新たに増えたファンの皆様に予習として見てもらえているかもと思うとなんだか嬉しいです。しかし本文を読み返すと見た時の勢いそのままで大変恥ずかしくなります。書き直したい…。

 

2位 【映画】キャロル~こういうのを待っていた!美しいだけじゃないビアン映画!!~

キャロルは本当に良かった!大好きです!もうずーっと心に残るだろうなと思う作品。ビアン映画でハッピーエンドのものって本当に少ないから、こういう作品は貴重です。そしてもう…ケイト・ブランシェット様が可愛いは綺麗だわで…もうほんと最高…。この記事がたくさん読まれるのもきっとケイト様の魅力にみんながメロメロだからだと信じてます。

 

3位 刀ステ5/5 感想②(キャラ別感想)

内容の方の感想じゃなくてキャラ別感想の方が読まれてるのが面白い。2.5次元って確かにそういうもんかなーと思いました。刀ステは再演もしましたしね。3位に食い込むのは納得の結果。このブログを書いた当時はゲームやってませんでしたけど今やちゃっかり審神者やってます。ぜんっぜん三日月さんが来なくて阿津賀志山ばっかり行ってます。

 

ナンバー3まで振り返ってみて、まあやっぱり感想記事は読まれますよね、と思いました。わたしもDVD買うか迷ってる時と舞台見終わった後によく見ますもん。2年目も変わらず、舞台と映画と本は感想記事をたくさん書いていきます。まずは極上文學春琴抄と夢十夜のDVDを見たのでその話と、ちょっとだけかもしれないけど最遊記歌劇伝のふじわらさんの話と、年始最初の舞台、しゃばけの話は今月中に書きます。

 

番外編① LGBTと芸能人の記事

ちなみに、感想記事以外で最もよく読まれているのはこの記事です。宇多田ちゃん効果かしら…?それとも「LGBT」「芸能人」とかで検索して飛んで来ているのでしょうか?(だとしたらこの記事内容は期待外れだったでしょうか…)今年はゲイやビアンの出てくる作品にいくつか触れていたので思うところもあり、こんな記事を書きました。「ホモ」「レズ」っていう言葉を始めとして、ちょっとした、悪気ない一言が誰かを傷つける可能性について、わたしも出来る限り注意して生きていますが、表現を生業にしている人には特に一度考えてみてほしいと思います。…まあ、現実難しいのかもしれないですけどね〜。自分自身がなにかしらの場面でマイノリティの立場に立ったり、痛烈に批判されてハッとしたりっていう経験がないと、なかなか。そして、自分はわかって気をつけていても演出や脚本上や、諸々の事情でやらねばならないこともあると思いますし。

 

番外編② お手紙の記事

この記事は一年トータルで見るとそんなに読まれていないんですが、たった1日で1000人以上の人にドーン!って読まれて困惑したブログです。はてなの公式で取り上げていただいたようでした。おかげさまで読者登録してくださってる方も増えて、思い出深い記事です。ちなみに初めてのお手紙を経て、少しだけハードルが下がったので、しゃばけの時にもお手紙書こうかな〜今年はちょっとしたプレゼントとかもしてみたいな〜と思っています。てへ。

 

ブログの転機

ブログを一年間やっている中で転機もありました。ちょうどこの自己紹介記事を書いた時ですね。

 

はじめは、世間で話題の「働き方改革」に関するブログにしようと思っていたんです。前の会社で脱長時間労働ひとりプロジェクトをやったり、会社を相手に残業代請求したりしていたので、そのことを書こうと思っていました。そのことが、わたしが一番興味があることだと思い込んでいました。

でも、途中でふと気づいたんですよね。「なんか違う」「わたしの書いてて楽しいことってそれじゃないかも」って。本当に興味があって好きなことはエンタメにどっぷり浸ることと、それについて語ること、そして他に今、心を占めている事柄は自分がセクシャルマイノリティーであるっていうことで。多分この二つは一生変わらないだろうな、このことについて書いていこうかなって思ったんです。それからブログがもっと楽しくなりました。今も働き方のことに興味ないわけではなくって、労働法の勉強するのもむちゃくちゃ楽しいですけどねー。で、楽しいことを書いてたらぐんぐん読んでくれる方も声をかけてくれる方も増えたんです。「好き」の力ってすごい。

 

書き方のこと

試行錯誤中ですが、書き方としては、一人称は「わたし」で、ですます調というのがしっくりくるみたいです。最初の頃のブログで、ですます調じゃないやつを見ると調子乗ってる感じがして大変恥ずかしくなります…。これからもですます調で謙虚な姿勢を忘れずにいたいです。

 

今年やりたいこと

今年ブログでやりたいと思っていることがいくつかあります。

一つ目は、過去にやってたLGBT系読書ブログとこちらのブログを統合すること。エンタメブログとしての面を強化していきたいっていうこともありますが、せっかく書いた記事は生かしたいということもあります。がんばります。

二つ目は、写真がうまくなること。文房具の記事を書く時に、可愛いお写真を載せたいのです。しばらくやってなかったインスタを活用しながら勉強することにします。

三つ目は、生々しい、自分の体験や考えを怯えずに書くこと。昨年読んだいろんなブログの中でとくに印象に残っているブログは、みんなそうだったんですよね。生々しい声は人の気持ちを揺さぶります。人を動かします。それにすこしでも近づきたいんです。わたしはすぐに仮想の世間様に怯えてできるだけ言い方を丸くしたり、言いたいことを言うのをやめたり、誤魔化したりしてしまうので、今年は慎重さをすこし引っ込めて、わたしの肉声に近いものを書いていきたいです。できれば。きっとその方が面白いものが書けるはず。

以上です!二年目に入る七転び八起きを、どうぞよろしくお願い致します!