七転び八起き

観劇記録、ハロプロのこと。たまにLGBTとお仕事の話も。

もしわたしがLGBT勉強会を主催するなら

LGBT社内勉強会第二回が先日開催されました。
…という話題が顧客先にも伝わったらしく、先輩社員さんの顧客から、自社でも勉強会をやろうとしているのでどんなことをしたのか聞かせてほしいという話があったとか。だからうちの会社で何ができるのか、関係者で相談するのだそうです。
喜ばしいことだと思う反面モヤモヤした気持ちもあります。

当事者である私が、一番関心のある事柄なのに、カミングアウトをしていないがためにその企画に呼ばれることがないこと。関心があるのでやらせてくださいって言えばいいんだろうけど結局カミングアウトすることになりそうだし、えっなんでそんな詳しいのって言われるのも嫌だし、かといってカミングアウトした上で参加するのはLGBTを代表できるはずもないわたしがご意見番みたいになりそうで嫌だな、とか。
余計なことをね、つらつらと考えちゃうんですわ。

 

色々考えた結果今回は口出ししないことにしたので、もしわたしが、勉強会を主催するとしたらどんなことをやるだろうって一人妄想を逞しくしていました。まあ、LGBTの基礎知識的なのは普通にさらっとやるとして、他のところを。

 

①なにがしかの専門家向けの勉強会だったら、LGBTまんべんなく、事例研究を入れる。社内勉強会第二回は事例検討だったのですが、どうしてもトランスさんの事例に偏りがち。おそらく参加する側もそこは一番知りたいのだと思うのですけれど、LGBのパッと見わからない生きにくさもすこしでもいいから知ってほしい。
(結構、カムした異性愛者の方に「でも普通に生きる上でLGBの人はそんなに支障ないでしょう」って言われて、いつもうまく答えられなくてへらっとしてしまう。でもね、日々日々、そして人生を通してなんとなく感じる「生きにくさ」とか「将来の不安」とか、あるんですよ。制度がないことでの不平等とか不便とか、たっくさんある)

 

②身近に感じてもらいやすくするためのワークを入れる。たとえば、このまえ他のブログで「LGBTであることは偏頭痛持ちであることと似ている」というのを書いたんですけど、そういうような自分の中にもあるマイノリティ性に気付いてもらえたらいいなあと思います。

 

③「LGBT」という括りに括られないあり方もあるということをしっかりと伝える。SOGIという概念とか。そのうえで、「その人自身を受け入れてほしい」「そうするためのコツ」なんかを伝えられたらいい。ここも事例検討やりたいなあ。ここはでも、むずかしいところ。受け入れるこころの準備と、じゃあ実際どうするの?っていうコミュニケーションのところがあるから。

 

④LGBTの関わる裁判や法令のこと。具体的にどんな困りごとがあって、どんな争いになっているのか、当事者はどう解決してきているのかとか。そういう固めの話も入れていきたい。そういう話を引きながら、企業経営の面でLGBTを含めたダイバーシティを生かしていくことができるとどんなメリットがあって、逆にそれができないとどんなデメリットやリスクがあるのかっていう話もしたい。

 

⑤アライであるためにできることについて。さりげなくアライマークをつけるとか、彼女や彼氏という言葉よりパートナーや恋人という言葉を使うとか、自分の子供に対してきちんと伝えていくとか。

 

なんか、LGBT勉強会の類いって、まず用語の理解から入って、それだけで「もうお腹いっぱい!」「なにがなんだか!」ってなるんだなーっていうのを勉強会2回に参加して感じたんですよね。業界用語、たっくさんありますし、そのほとんどがカタカナとか英語とかで。馴染みのない人には難しい。
でも一番大切なのは用語やNGワード、NG行動を知ることじゃなくて、感じてもらうことや考えてもらうことのような気がしています。だから本当は複数回開催で、いろんな事例やワークで考えてほしいなと思うんですよね。
だって、当事者であるわたしが、わたし自身を受け入れるのにだって、専門用語を知るところから入って、偏見をゆっくりゆっくり溶かして、対応方法を実地で知って…ってかなり時間がかかりましたもの。(でももしほんとにこれ全部入れ込んだのやるとしたらめちゃめちゃ大変そうだな…)

 

実際LGBTに関するところで本当にそこまで時間かけられるのかっていうと、忙しい企業人にとっては難しいのかもしれませんし、「1回のみ開催で1時間でやってよ」っていう声も聞こえてきそうですけど。
お手軽に気軽に企業研修や勉強会をやりたい人も多いと思うんですけど、ほんとうはそれだけでなんとかなるもんでもないよなあって。入り口に立つ、程度のことしかできないよなあって思います。そんな中で、もし私が勉強会の講師になるとしたら、何を選択して、どう伝えていくのかっていうことを、モヤモヤしながらぼんやりと考えています。何を伝えたいかなぁ…。

 

締まらないですが、今日はこの辺で。

ではまた!

 

(LGBT勉強会1回目に参加した時の記事はこちら。↓)