七転び八起き

観劇記録、ハロプロのこと。たまにLGBTとお仕事の話も。

理想のわたし、ほんとのわたし

f:id:ao-re:20171107091238j:image

理想のわたしは、毎朝七時に起きてパートナーと一緒にご飯を食べて、パートナーを送り出してから本を読んだり新聞を読んだり手帳を眺めてその日の予定を調べたりする。

仕事をてきぱきこなして定時に帰り、帰る道すがらにブログを書いて、家に帰ってパートナーと食卓を囲む。その後、ジムに行ったり、読書したり、勉強したり…たまには観劇や外食に行ったりする。そして十二時前にはお布団に入る。
お休みの日には、大好きな観劇や、友人と遊ぶ予定や、パートナーと遊ぶ時間を作る。その合間の時間を使って、勉強や読書や文章を書くことをしていく。

 

でも、ほんとのわたしは、決してこの通りにはいかない。
朝は大体ご飯食べたあと出社ギリギリの時間まで寝ちゃうし、仕事が定時で終わらないこともある。定時で終わっても、あれやこれやの精神的ダメージで帰宅してからうごけないこともある。お休みの日に予定詰め込みすぎて勉強ができないこともある。それが普通、とも思うけど、それでいいのかな、とも思う。

 

そして、わたしが持ってる夢や目標に対して、このスケジュールじゃぜんぜん、時間が足りないこともわかってる。

 

なにかを諦めなきゃいけない。もしくは、すこしだけ頑張らなきゃいけない。
そして、たくさんある夢や目標のうちのどれかに対して、もうすこしだけ、本気にならなきゃいけない。

 

それは、決して大きな事じゃなくて良いんだけど。
たとえば、毎日のメンタルとフィジカルの状況をメモしておいて、自分がへこんだり疲れたりする状況を予測できるようにする、とか。
お仕事用と作ったブログは、平日毎日更新と決めたけど、自分自身との約束を守り続ける、とか。
なにかひとつでもいいから、変化を起こし続けないといけないんだと思う。
元気なときにその習慣を作り始めておかないと、またがーんとフィジカルかメンタルの調子が崩れたときに、必要以上に落ち込むことになる。

 

三連休、もともと決まっていた予定以外はなんにもしないって決めて、すこし元気になってきたせいか、そんなことを考えました。

 

ではまた!