七転び八起き

ハロプロと観劇と、恋人のキツネさんとの同性同士の同棲生活のこと。

工藤遥さんの卒業に寄せて。

くどぅーの卒業

モーニング娘。'17 工藤遥 写真集 『 Kudo Haruka 』

モーニング娘。'17 工藤遥 写真集 『 Kudo Haruka 』

 

くどぅーこと、工藤遥さんが明日の武道館コンサートをもってモーニング娘。’17を卒業します。さみしい。でも舞台ヲタとして、演劇女子部をきっかけに演じる道を選んでくれたことを嬉しく思ってもいます。

わたしはくどぅーは本当にすごいことをしたと思っていて、それは彼女自身もよく言うような「広告塔」としての役割です。

今のモーニング娘。が黄金期と比べて世間の認知度が大きく減っているのは事実です。最近のモーニング娘。についても、同僚に「さゆが卒業してからメンバー誰も知らないかも…」と言われたこともあります。でも、そんな今だからこそ、くどぅーが舞台で「男役」をこなし、アイドル活動の中では「ショートの可愛い子」「ハスキーボイス」で注目を集めてきて、娘。現場に新たなファンを連れてきた功績はとてもとても大きいと思うんです。(事実、動員数はここ数年うなぎ登りで、日経エンタテインメント!によると2016年の動員数はなんとAKB48を超えています)

わたし自身も、元々舞台ヲタだったのですが、くどぅーのLILIUMー少女純潔歌劇ーでの演技を見てから、モーニング娘。のコンサートに行くようになり、初期はくどぅー担であったことを告白しておきます。わたしのフォロワーさんで似たような方も多く知っています。道重さゆみさんや、田中れいなさんも、先日の武道館公演でステージ上で「女の子多くない?わたしたちの頃はこんなにいなかったのに」と仰っていましたが、そのうちの半分くらいは舞台ヲタからのファンなのではと個人的には思っています。

そんなくどぅーが抜けてしまうのは、寂しくもあり、グループとしての損失もあるだろうなぁと思います。でも、新たなステージで頑張ってほしいし、きっと彼女なら大丈夫。そしてテレビはもちろん、また舞台にも立ってほしい。そんな願いを込めて、くどぅーの思い出と好きなところについて書いていきたいと思います。

 

ボーイッシュキャラ、そして舞台上のくどぅー

くどぅーといえばボーイッシュキャラ。ハロプロ内でも多くのファンがいることで知られています。ボーイッシュキャラなのは、ショートカットで、気遣いやさんなので自然とイケメンな振る舞いができてしまうこともあることもある様子。(メンバーのちぃちゃんもこの前なにかの動画で言っていた。)でも、やっぱり舞台上で彼女が男性を演じることが多くて、それがあまりに完璧だったということもあるんじゃないかなーと思います。

印象的だったのは、やっぱりLILIUMー少女純潔歌劇ーのファルス役。ネタバレになってしまうので未見の方のためにあまり詳しくは言いませんが、前半と後半でガラッと演技が変わるんですよね。あの演じ分けは本当にすごいなと思います。演出・脚本の末満健一さんのキャラクター作りや演出手腕もあると思いますが、あれを演じ切ったくどぅーの力も素晴らしいと思います。ラスト、舞台上を去る時の彼女の台詞は、本当に鳥肌が立ちました。 下手な子にはあの落差も、あのぞっとするような余韻も作り出せないですもん…。

演劇女子部 ミュージカル「LILIUM-リリウム 少女純潔歌劇-」 [DVD]

演劇女子部 ミュージカル「LILIUM-リリウム 少女純潔歌劇-」 [DVD]

 

でも、なんだか舞台上でどんな男性キャラクターをやっても、ちょっと情けなくて優しくて優柔不断な男の子になっちゃうようにわたしには見えて。それが微笑ましいんですよね。彼女の本来的な優しさやバランス感覚が役にも滲み出てしまうんだろうなと思えてなんだか可愛い。

特に、続・11人いる!では石田亜佑美ちゃんと工藤遥ちゃんの二人でタダという同じ役をやっているのですが、あゆみちゃんがやるとふつうにかっこいいモテ男子に見えるのに、くどぅーが演じると優しくて優柔不断でフロルに振り回されるちょっと情けない、人間味あふれるタダに見えるんですよ!この二人の演技の違いは必見です!

演劇女子部「続・11人いる! 東の地平・西の永遠」 [DVD]

演劇女子部「続・11人いる! 東の地平・西の永遠」 [DVD]

 

わたしは、これからもそんなくどぅーの愛しい「味」を大事に女優としてやっていってほしいなと思うんです。

くどぅーはボーイッシュキャラでい続けることに葛藤があったみたいですが、ハローという女性しかいない環境を抜け出したら女の子らしい役も含めいろんな役ができると思うんです。それが、とても楽しみ。ボーイッシュなくどぅーも好きだけど女の子のくどぅーも好きだから。

舞台だけじゃなく映像も関心があるようですが、どちらでも活躍していってほしいなぁ、本当に。

 

パフォーマンス

くどぅーのパフォーマンスの印象は、「一生懸命」です。正直言ってあんまりダンスはうまいと思わないんですよね…ごめんなさい…。筋力がないのかな…。なんか軸がぶれがちに見えます…。でも、とても一生懸命で、そこが好きなんです。笑顔がキラッキラで、飛び跳ねたり格好つけてみたり、ステージ上で一生懸命踊っている姿は見ていてとっても楽しいです。

さらに彼女の歌。わたしが娘。の現場に入り始めた頃はそんなに上手くなくて音程外すこともよくあったのに、メキメキ腕を上げてきたなぁと思います。今は音程外すことなんてほとんどないですし、歌声がとても安定したなと思います。

なにより、あのハスキーボイスは大きな魅力です。声が低いことで苦労したこともたくさんあると思います。でも、やっぱりくどぅーの低音があるから締まるんだよなぁ、と思わされることは多いです。今、最近発売されたばかりのアルバムをヘビロテしてますが、くどぅーの声はみんなで歌ってるところでもよくわかるんですよね…。本当に、くどぅーがいるうちにアルバム出てくれてよかった…。くどぅーの歌声をたくさん聞ける媒体を最後に残してくれたのは、とてもとても嬉しい。ほんとに良かった。きっとくどぅーが抜けたら、また大きくグループとしての歌声も変わるんだろうなぁ。

15 Thank you, too(初回生産限定盤)(Blu-ray Disc付)

15 Thank you, too(初回生産限定盤)(Blu-ray Disc付)

 

 

性格

くどぅーは性格としては調整型で常識人で、メンバーの和を保つ役割だったんだろうなぁと思わされるところがあります。この前のハマ・オカモトさんの番組フルコーラスでも、まりあがベッキーさんの質問にちゃんと答えられなかった時に「まずはベッキーさんの問いに答えてくれ」って真っ先に突っ込みいれてたのが印象的でした…。とてもちゃんとしている…。

誰よりも常識人で優しかったくどぅー。昔はイキってた時代もあったようですが、だからこそ後輩に言えることもあったでしょう。同期10期もそれぞれに個性が強い中で、調整型のくどぅーの存在は大きかっただろうな…。まーちゃんの通訳も長いことくどぅーがやってましたしね。もうまーちゃんはくどぅーの通訳がなくても大丈夫になってきたと思いますが(他のメンバーのフォローもあるし)、メンバーの中で大きな存在であったことは間違いないと思います。

わたしは、くどぅーも含めた10期がとてもとても好きだったので、そういう意味ではくどぅーが抜けてしまうのはすんごく寂しい。本当に寂しい…。

 

卒業後のくどぅー

でも、18歳という若さで次の道に進むことの彼女にとってのメリットは計り知れないと思いますし、本当に本当に頑張ってほしいとも思います。くどぅーは今までもモーニング娘。の広告塔でしたけど、これからもモーニング娘。出身であるという肩書きは変わらなくて、これからも演技の面できっといろんな人を魅了していって、娘。時代の動画を見た人がまた娘。に興味持ってっていうすてきなサイクルが回っていきそうな気がしています。

きっとくどぅーはビッグになる。そう信じてこれからも陰ながら応援していきます。

 

くどぅー大好き!

モーニング娘。と出会わせてくれてありがとう!!

これからも応援してるよ!!

 

今日はここまで。ではまた!