七転び八起き

ハロプロと観劇と、恋人のキツネさんとの同性同士の同棲生活のこと。

「ほなな!」と行ってしまったはーちん ~モーニング娘。’18春ツアー武道館2日目尾形春水卒業スペシャル~

最後まで笑顔だったはーちん

行ってしまいましたね…はーちん。
はーちんこと、尾形春水ちゃんが、6月20日の卒業コンサートをもってモーニング娘。を卒業してゆきました。
リーダーのふくちゃんが「自分で思ってたよりずっとはーちんのこと好きだったみたい」と卒業セレモニーで言っていましたが、わたしも同じ気持ちです。さびしいなあ。はーちんは最後まで笑顔きらきらで、本当に可愛かったです。
卒業セレモニーで着ていたシーブルーのドレスが白い肌に映えて本当に綺麗で。卒業曲の「涙が止まらない放課後」も、ザ・アイドルって感じのはーちんらしい曲で。はーちんはまったくの素人としてオーディションから加入して、歌もダンスも最後まで自信なさそうな口ぶりだったけどわたしははーちんの最後のパフォーマンスを見ていて、アイドルに必要なのはスキルだけじゃないってつくづく思いました。スキルももちろん大事だけど、応援したいって思わせる力というか、愛され力っていうか…そういうのもとっても大事で。はーちんはそれに溢れたひとだったなって。ここまで自分らしい魅力を出しきって、堂々としたパフォーマンスができるまでに成長したはーちんを見て、やっぱりもったいないなあ、と思ってしまいました。やっぱりはーちんがいなくなるの、寂しい。去り際の「ほなな!」も本当にはーちんらしくて可愛くて、好きだった。
メンバーからはーちんへのメッセージは愛に溢れていて、みんながはーちんのあの笑顔に癒やされていて、大事な存在だったんだなということが伝わってきました。まーちゃんの挨拶で、思わず泣いてしまった。あと、かえでぃーの挨拶も良かったなあ。はーちんはかえでぃーのことが好き、カッコいいって前回のファラオの墓以降言ってたけど、 かえでぃーが「好き」って言ってくれるはーちん先輩に対して真面目すぎるくらい真面目に、いっぱい涙を流しながら自分の気持ちを伝えていて、これははーちん嬉しかったんじゃないかなあって思いました。
コンサート中も、はーちんへのサプライズが満載で、はーちんの照れた笑顔やびっくりした顔が見られたのは嬉しかった。最後まで、わたしたちに笑顔と幸せをくれて、ありがとうはーちん。大学進学も含めて、やりたいことに向かってこれからも頑張っていってね。

 

さて、それでは以下、いくつかコンサート自体の感想を。

 

ユニット曲

ユニット曲楽しかった!
「シャニムニパラダイス」はみんな可愛い上に、かえでぃーの長すぎる手脚が十分にいかされまくる振り付けだし、「レモン色とミルクティ」もふくちゃんが最高な上にまりでぃーシーンがあってすごくときめきました。もう何年かしたら、まりでぃーがメインを張るような日 が来るのだろうか…、なんて、スタイル異次元の二人に未来を見た思いでした。「トキメクトキメケ」はあゆみんがすごいかっこよくキメ顔披露してくれるし、「INDIGO BLUE LOVE」は歌うまメンたちがしっとりかっこよく聴かせてくれるし、どっちも良かった。
そしてユニット曲ラストスパートの、「坊や」からの「大人になれば大人になれる」の流れが好きすぎる。
たまたま、アリーナど真ん中で見られたので、「坊や」のえっちなふくちゃんと、「大人になれば大人になれる」のダンス得意組のバッキバキなダンスが間近に見られて気絶するかと思いました。「大人になれば大人になれる」のあゆみちゃん、BSスカパーの録画も見たけどやっぱりものっっっすごくかっこよかったです…。ダンス得意組のパフォーマンスまた見たい!

 

歴史を感じられる曲

「歴史を感じられる曲をお届けします!」のパートは、今回はプラチナ以降の曲でしたね。リゾナントブルー、しょうがない夢追い人 、泣いちゃうかもの3曲は切なかっこよかった。まだフォーメーションダンス始まる前くらいの時期の曲の、みんながお立ち台の上で基本的に固定の位置で同じ振りをする、みたいなやつもそれはそれで凄い好きなんですよね。とくにリゾナントブルーなんて、ひとりひとりが狂おしく体を揺すりながら歌う訳なんですが、それぞれに個性が出るし、何回見ても楽しいです。
Hand made CITYは舞台上を左右に駆け回って歌う小田様とまー様がかっこよすぎたし、コール&レスポンスするの超楽しかった!
愛されすぎることはないのよ、では普段歌割りの少ないメンバーに結構歌割りが行っていて、おおお、良いなあ、面白いなあ、と思いました。冒頭の生田さんとかえでぃーがかなり長くソロで歌うところ、二人とも大きく音を外すこともなく綺麗に歌えていて、いいじゃんいいじゃん…!え、ほかの曲でももっと歌ってほしい… !と思いました。

 

踊ってみろ

MCコーナーでの企画、踊ってみろ(かかった曲をいきなり踊れるか?というやつ)、凄い楽しかったー!!曲はさゆのラララのピピピと、℃-uteさんのDanceでバコーン!で、メンバーは生田さん、あゆみちゃん、小田ちゃん、かえでぃーの4人でした。みんな完璧に踊れてましたねー!
大人げない生田先輩と石田先輩の小競り合い(真ん中で踊りたい、目立ちたい二人)と、最初それを止めてたのに参戦しちゃう小田ちゃんの3人がすごい可愛かった。BSスカパーではカメラが先輩3 人の小競り合いに寄っちゃってうまくうつってなかったけど、三人が争っている横で黙々と一人完璧なダンスを続けて、しれっとちょっとずつ真ん中に来ちゃうかえでぃーも良かった。めっちゃ笑った !
わたし、モーニング娘。のこういうところが好きなんですよね。目立ちたい!いいところで踊りたい!俺が一番!みたいなところ。MC中も休憩せずに踊ってしまった4人はその後大変だったんじゃな いかと思うんだけど、ヲタはみんな楽しそうに踊ってる四人を見られて嬉しかったと思います。ありがとう。またこういうのやってほしいなー。

 

推しがかっこよすぎた件

19日のブログでもいっぱい書きましたが性懲りもなく推しのあゆみちゃんの話をします。


最初の方でも書きましたが、凄くありがたい事に、アリーナ中央の小さいステージの前あたりの席だったのですよ…。さいこうだった… 。
奥のメインステージにいると人の頭で見えにくいことが結構あるんですが、中央のステージに来てくれたときは推しのカッコイイ表情もばっきばきダンスも全部全部、ほんとうに間近で見られるんですよ…。しかも、あゆみちゃんって間奏のダンスなどはど真ん中で踊ることが多いからさ、見放題。 ありがとうファンクラブ先行。ありがとう神様。
最初、マーチっぽい音を背景にはーちんが先頭を切ってみんながセンターのステージまで出てくるんですが、わたしあゆみちゃんが花道を歩いてくるときの颯爽とした歩き方がものすごく好きで。そんなあゆみちゃんがこっちに向かってくるんですよ。その上に、最初の曲がえーがなで、めっちゃかっこいいインストと共にあゆみちゃんが音に合わせて腕を上げてピタッと止めて、綺麗な横顔を見せてくるんですよ…。その後ばっきばきに踊りまくるんですよ……。息が止まりました。しばらくの間ペンライト振れなかった。
Help meのフォーメーションダンスも最高だったなあ。イントロのところ、あゆみちゃんがど真ん中で左右斜め後ろへのラインになってフォーメーションで踊るのとても見応えがありました。間奏部分は、ふくちゃんがまんなかで左右があゆみちゃん、まーちゃんだったので「この3人強すぎでは??」と思った。あ、そういえば推しの話じゃないんですが「あいつの前ではわかったふりしちゃう」のところでふくちゃんが歌う後ろが生田さんで、あそこ口元を隠して前の人の横から覗く感じの振りをするじゃないですか。生田さんがふくちゃんの後ろから見えるたびに彼女の目元の美しさに感嘆しました。口を手で隠してるからこそ際立つ美…。最近の生田さんの美しさはやばいですよね…。
………と、こういうの一個ずつ書いてくとまじで延々書けちゃうので、あと二つだけ推しの話を。
最後の煽りが今日も最高にかっこよかった。「ラストナンバアアアア!!!」ってやつ。もうほんとすき。ここ何度でも見たい。
それから、BSスカパーの中継映像を帰宅後改めて見返したんですが、ジェラジェラでフードかぶってラップするあゆみちゃんのかっこよさに悶絶しました。スクショを大事に携帯の写真フォルダに入れておいて何度も見ては震えています。好き。

 

はーちんと残るメンバーの今後に幸あれ

感想はこんなところで。はーちんはこれから短大の道へ。残るメンバーはこれからもモーニング娘。'18としての活動を続けていきます。
はーちんは優しすぎる、と色んなメンバーが言っていたけれど、これからは自分のやりたいことや好きなことをたっくさん見つけて、わがまま言って、幸せに生きていってほしいなあと思います。
モーニング娘。のみんなもね…。よこちゃんのお父様が亡くなったニュースも流れましたが、よこちゃんはほんとうにしばらくの間、無理せずゆっくりしてほしいです。気持ちが落ち着くまでに時間がかかると思いますが…。ほかのみんなも、モーニングとしての活動を続けるとしても今後卒業するとしても、自分らしく、幸せに生きていってほしいんだ…。辛いことも後悔することも、悲しいことも切ないことも、うまくいかないこともあるかもしれないけど、おばあちゃんになってから人生を振り返ったときに、大変なこともあったけど幸せだった、充実した人生だった、って思えるような人生を送ってほしい。こんなにわたしたちを幸せにしてくれて生きる活力をくれるみんなだからこそ、そうならなきゃ嫌なんだ…。 みんな大好きだよ……。


さて。ともあれ。
終わりがあればまた始まりもあるわけで。もう秋ツアーのファンクラブ先行も始まっています。わたし自身もここ1ヶ月くらいで思った以上にあゆみちゃんに対する気持ちが燃え上がってしまい、推しの推し方について考えさせられている今日この頃ですので、BSスカパー録画やらDVDやらを見つつ、また次に彼女らに会える日を楽しみに日々を生きていこうと思います。


ではまた!