七転び八起き

ハロプロと観劇と、恋人のキツネさんとの同性同士の同棲生活のこと。

星屑バンプ、再演もやっぱり最高だった

やっぱりコンボイショウは最高

9/9 ソワレにて、ザ・コンボイショウ星屑バンプ再演、見てきました。やっぱりコンボイは最高。とりわけ星屑バンプは最高。本当に名作だと思う。また再演してほしい……(気が早い)

f:id:ao-re:20180910172821j:image

THE CONVOY SHOW 星屑バンプ

(↑ちなみにホームページに宣伝動画上がってるけど実際の方が100万倍かっこいいんでよろしくお願いします!!)

 

 

シンプルだけど中身の詰まったお話とショータイムの素晴らしさ

今回改めて感じたのが、脚本演出の今村ねずみさんの作るお話って、やっぱりいいよな、ってこと。シンプルだけど、面白い上にちょっと泣きそうになるし、ねずみさんの人生哲学とエールが詰まってる。それなのに、メッセージが押し付けがましくない。

夢へ向かうこと、とか、本気になること、とか。対面で直接言われたら、うざいなぁ、と思われそうなメッセージなのに、こんなことワカモノに言ったらうざい思われるだろうなぁ、ってメタで見てる視線も持ちながら、でもそれやった方が楽しいよ、僕の経験上ね、ってストーリーを通して言ってくれる。(そしてそれを言うだけの説得力と愛をコンボイのオリジナルメンバーの皆さんが持っている……)それが、本当に好き。そしてすごいことだな、と思います。

個人的にはいま消耗している時期で、今回はそのメッセージを真っ直ぐに受け取れなかったんだけど。やっぱりそれでも、すごく考えさせられた。多分これからしばらく、考え続けると思います。

そして更に、ショータイム。やっぱりコンボイショウといえばショータイム。最高すぎた。なんてかっこいいんだろう。みんな、なんて綺麗なんだろう。努力、なんて言葉じゃとても表しきれない積み重ねの上にできているものだ、というものを毎回毎回、感じさせられます。そして、メンバー一人一人の全力さや「俺を見ろ!」感や、お客さんを楽しませようとするサービス精神。どれもこれもが素晴らしい。彼らが踊って歌って手拍子をして、目線をかわしあっているだけで、なんて素晴らしい、尊いものを見ているんだろうと思わせられます……。なんなんだろう。あの、有無を言わせない、身体の説得力。それが見たくて、毎回毎回、チケット1枚じゃ済まなくて、追いチケしたくなっちゃうんだよなぁ。(今回は残念ながら2枚しか取れていません)

お話の良さと、ショータイムのバランスが本当に良くて、それがわたしがコンボイショウを見続けてしまう理由の一つだと思います。

 

曲とストーリーの感想は去年の記事をどうぞ。

ここからの記事はキャスト一人ずつの感想を中心にいこうと思います。

 

 

新たな布陣

今回は新キャスト、加藤良輔くんを迎えての再演です。りょうちんはClubSLAZYとか手紙とか伊賀の花嫁2とかでちょこちょこ演技を拝見していた馴染みの役者さんなのでちょっと楽しみでした(´∀`)

そして、初演時のキャスト、荒田至法くんは出られず。更に大変残念なことにコンボイショウのお姫様、舘様が稽古中の怪我で出演できなくなってしまいました。もうね、こういうの、仕方のないことなんだけど、寂しいよね…。コンボイは本当に、本当に全員が好きだからさ…。 

でも、そういうキャスト変更もあって、それに伴ういろんな感情もあるけど、これはこれでよかったと思っています。今回もとても楽しかったし、わたしが推しているモーニング娘。でもよくあることなんですけれど、人が抜けるとその分他の人に見せ場が行くわけで。それはそれでね……。すごく楽しいんですよ…。作品の完成度も、決して去年のものに引けを取るものではなかったと思います。

 

推しが大活躍

わたしのコンボイにおける推しこと、ジュリさんも大活躍で。普段お笑い担当みたいなところありますけど、あっ、ジュリさんってやっぱり踊れるしやっぱりかっこいいわ……と呆然としました。歌もうまいし……。最高かよと。今回は舘様が歌っていた歌をがっつりジュリさんが歌うシーンがあって、舘様があの独特の雰囲気でしっとり歌うのも大好きなんですが(うっとりしながら見てしまう…)、ジュリさんの声もすごく好きなのでそれはそれで聞けて嬉しかったです。お笑いパートはいつも、あれ、わたしなんでこの人好きなんだっけって思いながら見てるんですけど…でもやっぱり好き…(笑)

特に好きなのは、ねずみさんのおふざけブルゾンちゃんが終わった後のRather Beという曲と、ショータイムの途中で、どの曲か忘れてしまいましたが若手二人を引き連れて縦横無尽に舞台上を横切ってゆくところ。

Rather Beの出だしのジュリさん、去年も最高に好きで音源落として何度も何度も脳内再生していたのですが、一年経つとどのタイミングであの曲が挟まれるのかすっかり忘れていて。ブルゾンちゃんパートのすっごくくだらないやりとりでめっちゃ笑ったあとだったから、そこから始まるRather Beの出だしのジュリさんのかっこよさに心臓がヒュッとなりました…。あの、暗めの照明の中でタップ踏むジュリさん、本当に本当に好き。そして更にいうならば、このシーンだけでなく、一人きりで舞台上でタップ踏むジュリさんが最高に好きです…。

気遣いやさんだろうと思われるから、そのせいなんだろうか。他の人が舞台上にいる時と一人きりの時、モードが変わるように見えます。一人きりで演じてる時、彼の積み重ねてきた時間や磨いてきた技術や想いや、いろんなものが見える気がして、とてもとてもときめいてしまう……。踊りはキレキレでもピタッと止まるわけでもないけどなんか色気がある……。

今回は諸事情でお金がなさすぎてあまりチケット取っていないのですが、金曜日もこの感じ方を確かめに、そして、12月まで頑張るために、しっかりとジュリさんを見てきたいと思います。

 

ねずみさんと黒須さん

ねずみさんの還暦祝いネタが今回はちょこちょこ挟まってました。本当におめでとうございます。還暦過ぎてあんなに踊れるの本当にすごい…。でも、時間は有限でいつまで踊るねずみさんを見られるかわからない…と切実に思いました。

なんかねずみさんって、可愛いですよねぇ。そしてあざとい。出られなくなってしまった舘様の代わりにしずかちゃんっぽい衣装を着たりもされていましたが、……うん、一般的な意味では可愛くはなかった(笑)でも、かわいこぶってるねずみさんは可愛かった。

あとねずみさんの歌声がとてもとても好きです。White noteの伸びのある声を聞いて優しい笑顔を見るとなんだかホッとしてしまいます。

黒須さんはやっぱりすごく上手くてキレキレだしピタピタ止まるし、見惚れました。ダンス曲でたまに意識せずに黒須さんの動きを追ってしまってる時があるんですよね…。ちょっと黒須さんのブルゾンちゃんも見てみたい…(笑)あと昨年も思いましたがWork of Artのギター弾く振りの前後のところがすんごく好き!あと、黒須さんの台詞回しがたまに舘様を感じさせる時があってちょっと泣きそうになりました…。もともと喋り方少し似てるけど、わざと似せてるんだろうなぁ…。

ていうか、舘様がいないとおじさん三人のおふざけがとどまるところを知らないな!?すごい今回はっちゃけてるな!?と思いました。三人ともすごかったです…。

 

若手四人

若手四人は四者四様ですごくよかったです!

今回の四人の中では雄生くんをやっぱり見ちゃうんですけど、雄生くん踊り超綺麗ですよね。腕の曲げ方とか脚の上げ方とかお尻とか指先とか、部位の表現がすごく綺麗。芸術的。スパイダーマンの顔を隠したダンスでも断然雄生くんを見てしまうので彼の踊りがかなり好きなんだと思います。なんでその動きからその動きに行けるの???みたいな柔らかさも感じる時がある…。あとショータイムの時の雄生くんがめちゃめちゃ好きなんです!!ものすごい目つきで客席見てますよね!あ、もちろんいい意味で!!昭和のハンサム、って感じの顔立ちですけど、その顔で、しっかりがっつり客席を見てくるのがもうたまんなくて。みんな俺を見ないわけないだろ?って顔してる。わりとオラオラ。クールなかっこよさを追求したいとパンフで仰ってましたが、わかります。そういえば雄生くんと同い年なんだなぁわたし…。そういう意味でも応援したいです。

れおくんは、なんか色気が倍増しになっててやばかったです!ダンスも表情も、色っぽくて綺麗。たまに見える首筋の白さがすごく素敵。with Bやってる時のアンニュイイケメンぶったお顔もまあお綺麗だったし、そのすぐ後のブルゾンちゃんの35億の時の表情とか最高だった!なんだか舘様みを感じるよね…れおくん…。パンフのインタビューも舘様とれおくんだったし、みんな多分そう思ってるんだろうなぁ。わたし、ラストの方のれおくんの独白シーンの雰囲気が本当に好きだし、ガッツだぜを歌う時のオラオラした雄みのつよいれおくんもギャップ萌えでとても好きなんですよね。だから今回もそれが見られて嬉しかったです。そして、今回はハジメ役として、一番盛り上がるシーンで大事な役どころを演じていて。やっぱり流石だなと思いました。2.5次元で引っ張りだこなだけある。声量もすごいけど、それだけじゃあなくって。腕を震わせたり少しだけ涙を流したり泣き顔で微笑んでみたり……細かな演技がとてもよくて、グッときてしまった。

そうちゃんは、手足が長くて見栄えがするし、やっぱりうまいですよね…。すごくうまい…。オープニングのダンスのところとかチラチラとそうちゃんを見てしまいます。演技シーンではそうちゃん、背も高いしりょうちんみたいに若見えするタイプでもないし、でも年下キャラでみんなに丁寧語なの可愛い…。あとねずみさんと二人でお話するシーン超可愛い…。チラシを拾って渡すシーンもすごく好き。あ、あと今回何故か、みんなで一生懸命くしゃくしゃのチラシを伸ばすシーンがやけに可愛く幼く見えたんですけどなんだったんだろう…。若手全員可愛いよもう…。

りょうちんは34歳と思えない感じで相変わらず白くて童顔でした。やっぱりでも、りょうちんはシャイだなぁ、と思いました。全然客席に目線がこないし遠慮がち。れおくんとかねずみさんとかジュリさんと目を見交わしてニコッとしたりするのは本当に可愛かったし、歌もうまかったけど。でも、もっといけると思うんだよなぁ。asiapanで初めて若手メンバーが入った時の感じを思い出しました。あれから、ゆうせいくんもれおくんもしほうくんも、みんなものすごく変わっていった。自分らしい表現を見つけて、客席をしっかり見つめて、煽りさえするようになった。多分きっとりょうちんも、もっと自分らしい表現を見つけて伸び伸びやれるようになると思うんだけどなぁ。もっと魅力的に自分を見せられるし、ダンスも演技も、もっともっと上手くなると思う。次回作にも期待したいです。しかしほんと、Club SLAZYの最初の方のころから比べると、随分歌が上手くなって…。もっとたくさんりょうちんの歌、聴きたいなぁ。 

……うーん、言うまいと思っていたのですがやっぱり言いたい……。わたしは、昨年のキャストの至法くんが本当に好きだったんです。今回の星屑バンプを見て、正直至法くんの不在をとても強く感じてしまいました。彼の犬っぽい人懐っこさや存在感があの四人の仲の良さとか、わちゃわちゃした空気感とかを作り出していたんだなって思ってしまって切なくて…。みんなそうだけど至法くんは本当に唯一無二だったと思ってしまいました。彼がいなくなってりょうちんが入ったことで、ワカモノ四人組の空気感も随分変わったなって、思いました。なんかちょっと、遠慮があるような気がしたりもして。そう思うと星屑加入組のそうちゃんはすごいな…星屑初演で全く違和感なかったもんな……。

まあ色々言いましたけど結局のところ『みんな違ってみんないい』ってことですよ!!今回は今回、前回は前回。今回もみんな最高!!みんな大好き!!!みんなどんどん自分の色を出してどんどん花開いてゆけばいいんだよ!!!

 

早く金曜日が来ればいい

そんなわけで今年の星屑バンプもとてもとても楽しみました。最後にONE!の速報があるのも嬉しかったです。今年は新作やらないのかな〜って物足りなく思っていたところなのでものすごく嬉しかったです!期待しかない!

星屑バンプ、次の観劇は金曜日なのですが、日曜に見た直後からずっとうわ言のように『なんでもっとチケット取っておかなかったんだろ……』もつぶやいています。つらい。もっといっぱい見たい。コンボイは麻薬。

今、仕事が大変で元気が出ない時期で、あの強いメッセージを真っ直ぐに受け止められないからこそ、もう何度か見て考えて、気持ちを整理したいんだけどな…。金曜日が待ち遠しくもあり、来て欲しくない気持ちもあり…。だって金曜日が来たらわたしの星屑バンプは終わってしまうから…。あー!また再演してくれないかなー!!ここ最近の何作かの中で一番好き!でも新作もいっぱい見たいし年末のディナーショーも行きたい!!!

 

さて、今日はこのへんで。

 

他のコンボイの作品の感想はこちらか、一番上の『THE CONVOY SHOW』カテゴリからどうぞ。