七転び八起き

ハロプロと観劇と、恋人のキツネさんとの同性同士の同棲生活のこと。

今年もありがとうございました。

2018年全般の振り返り

ブログを読んでくださっているみなさま、twitterでお世話になっている皆様、今年は大変お世話になりました。カミングアウトの記事でも書きましたが、こうやってブログをやっていることで、趣味の仲間がひろがって、その中から私という人間にも興味をもってくださって、友達ができて、応援したり励ましたりしてくださることが、ほんとうに嬉しいです。たかがネット、されどネット。最近は本当にそう思うことが増えました。

 

今年1年の振り返りをしてみようと思いますが、激動の1年でした。
家買うことなんて想像していなかったのに、家を買ってしまいました。
2018年元旦の手帳に「田舎にキツネさんと暮らす家を買うために少しずつ動いていきたい」なんて書いていたのを今日見つけたのですが、「少しずつ動く」どころかもう「買ってしまった」こととか、田舎じゃなくてばりばりの都会の家を手に入れたこととかを思って笑ってしまいました。


そういえば2018年年初に「いずれはやりたいこと」として挙げていたことが、結構今年1年でちょっとずつ実現しちゃってたりするんですよね。
「多様性が尊重される社会をつくる一助になりたい」っていう項目は、社内で初の専門職の方に対するLGBT研修を導入することができたり、LGBT医療福祉フォーラムという企画に誘っていただいて実行委員をしたことで、少しでも関わることができました。
「在宅で仕事できるようになりたい」「年収を倍にしたい」なんていう項目は、年収が倍にはならなかったけれど少しずつでもお給料が増えましたし、ライターの副業をはじめて、「がんばったらお小遣い稼ぎくらいにはなるな」「意外と評価してもらえるものだな(ブログやってきてよかった!)」という実感を持つことができました。

目標として手帳には書きませんでしたけど「仲間がほしい」と思っていろんな場に出て行ったことも収穫だったなぁ。いままで会ったことのないような人たちに会って、刺激を受けました。


でも、一方で仕事でまたしても大炎上案件を任されてしんどかったり、よく眠れなくなったり、実家にカミングアウトしてひどいこといっぱい言われたり、大変なことも多かったです。仕事は、結構今も複雑な気持ちです。任せてもらえて、評価もしてもらえて、憧れの先輩と仕事できるようにもなったけど、仕事量的に結構しんどいし上司とあまりうまくいっていないです。このジャンルは好きなんですけどね…。勉強もしたいし…。資格試験も今年落ちてしまったけどやっぱり興味ある内容だし…。でも、この先どうなるのか、どうしたいのかがわからなくて不安です。

 

そうそう、昨年は全く想像していなかったこととして、好きな小説家さんの文章講座に行き始めたということもあります。集まっている人も面白いし、先生も個性的で面白くてしかも役に立つ。最高かな。去年から、実は、少しずつ小説を書いて賞に応募したりもしているんです。パートナーには、ブログより小説の方が向いてる、などと言われます。本当にそうかはわかんないけど。ぜんぜん力が足りなくて、鼻も引っかけられないですし。でも、もっともっとうまくなりたいし、書けば書くほどマシになってる実感もあります。学んだことを意識しながら書くのも結構楽しいです。多分来年、講座のみなさんで文学フリマに作品を出します。また告知するので、よかったら見に来てください。

 

ちょっとわたしは、やりたいことや好きなことが多すぎて、全部に全力疾走で、疲れるときもあります。今年は特に、毎日ぜいぜい言ってます。でも、「全部やるのは無理」と思って、2018年の目標として「本気になる」ということを掲げてしばらくひとつのことに集中しようと思ってやってみたんですけど、うまくいかなかったんですよね。なんとなく、もうしょうがないんだなーこの気質は、と思い始めてきました。一個のことに集中するって無理なんだよわたしには、きっと。移り気で飽き性で、でも全力疾走、いろんなことやってる、みたいなのがわたしらしいのかも。と、開き直って、また来年はいろいろなものを追いかけていきたいです。