七転び八起き

ハロプロと観劇と、恋人のキツネさんとの同性同士の同棲生活のこと。

iPhoneのスクリーンタイムを使ってアプリ使用時間を制限してみた

スクリーンタイム導入のきっかけ

最近、iPhoneのスクリーンタイム機能を使って、アプリ使用時間を制限してみています。なぜかというと、先月観劇やコンサートやイベントが沢山あったこともあり、Twitterにずーっといたんですよね。それでやるべきことをやれなかったり、携帯を見たくてそわそわしたりして途中から「あ、やばい。これをスマホ依存というのだきっと。」と思ったんです。でも、わたしはやりたいことが多すぎる人間なので、こんなことやってる場合ではない、と。

Twitterにいる時間を減らしたら、呟かずに体内でモヤモヤを抱えることになるので、それでアウトプットに変化がでるのかな?ってことにも興味がありました。

 

そもそもスクリーンタイムとは

もしかするとiPhone以外の人には伝わりにくいかなと思ったのでちょっと説明を。わたしが使っているスクリーンタイムとは、各アプリの使用時間をウォッチすることと、アプリの使用時間を制限することができる機能です。iPhoneのアップデートをしたら入ったのでデフォルトの機能みたいですね。

詳しくは公式さんのリンクをご覧ください。

 

元の状態

それで、どのくらいTwitterにいたかというとこんな感じ。

f:id:ao-re:20190111205437p:image
約1週間で20時間。つまり、1日3時間くらいTwitterに費やしてると。実はわたしじゃなくてキツネさんがこの携帯使ってTwitter見てることもあるんです。わたしのフォローしてる人が雑多なのでTLが面白いんだとか。でも、その時間を引いたとしても結構あるなと。

で、ちょうどその頃過去の勉強時間もチェックしてたりしたのですよ。スタディプラスというアプリで。昨年は大体、月に30時間から40時間の間くらい勉強してました。

 

あれ、もしかしたらTwitter見てる時間減らせば、月30時間の勉強時間の捻出も楽々なんじゃない?なんなら余った時間でブログ書いたり本読んだりもできるんじゃない?

 

ふとそう気づいてしまって。これは、やらざるを得ないと思いました。思い立ったが吉日。レッツトライ。

 

時間制限と、制限解除したアプリ

スクリーンタイムでは、アプリの使用制限をする時間帯を決められます。わたしは夜の8時から11時を制限時間にしました。

f:id:ao-re:20190111220438p:image

使用制限は基本的に全アプリに対してかかるんですけど、自分で選んだアプリを制限解除することもできます。わたしはこんな感じにしました。

f:id:ao-re:20190111210710p:image

電話は仕事のあとの帰宅連絡とかに必要だし、そもそもなんか書いたり本読んだり勉強したりするための時間捻出策なので、ブログアプリや勉強アプリも問題なし。音楽聴くのもそれほど目的に対して支障ないので入れる。そんな感じで決めました。

 

やってみてわかったこと

やってみた結果の、今週の記録はこちら。

f:id:ao-re:20190111211400p:image

 

Twitter使用時間が半分になった!!!やった!!!

 

そして前に記録した時はブログ書く時間がその1週間の中では確か0時間だったんですよね。その週なにも書いてなくて。

f:id:ao-re:20190111211807p:image

 

今週は2時間くらいブログ書いてる!!わたしえらい!!

 

………と、喜んだのもつかの間。落とし穴がありました。今週のSNS使用時間の合計が18時間だったのです。恐る恐る過去のスクショをたどると、恐ろしい事実に気づきました。

 

Twitter見てた時間がfacebookとLINEに置き変わっただけじゃん!!!

あと今週はキツネさんがインフルエンザにかかってわたしのTwitterを全然のぞいてないからなんじゃないのこれ???

 

残念な結末。

冷静に振り返ってみれば、今週かなり「例外」を作っちゃってたなって思いました。スクリーンタイムって、制限かけといても解除できちゃうんですよね…。制限時間中は、通知なんかは全く来なくなるので作業してる時にはスマホを気にしなくて済むのですごくいいんですけど、誘惑に負けてアプリを開こうとするとこんな画面が出てきます。

f:id:ao-re:20190111214219p:image

これで、「制限を無視」を押すと、

f:id:ao-re:20190111214347p:image

こんな感じのポップアップが出てきて、どちらかを押すとそのアプリが見られちゃうのですよ。これをね、結構使ってしまってました。いろいろと理由をつけて。

 

たとえば、

  • 電車移動中で立ってるし、本を取り出すのもめんどくさい。ブログ書く体力もないしイヤホン取り出すのも面倒。移動中はいいことにしちゃおうか。
  • 今日は仕事めっちゃ頑張ったからいいことにする。
  • テレビが何故かうつらなくなった。つまんないからTwitter今日は見ていいことにしよう。
  • 今日は23時前に寝るから、寝る前くらいはいいでしょ。
  • ブログをアップしたから反応が気になる。(ブログのTwitter連携はブログアプリからできるからTwitter連携した段階ではTwitter自体を開いてはいない)
  • キツネさんがインフルエンザにかかったから部屋から出られないし、いろんなやりとりをLINEでしなきゃ。→そのまま用事だけじゃなくてLINEでめっちゃお喋りする。なぜか阿佐ヶ谷姉妹の動画を物凄く勧められてYouTubeをたちあげてつい見ちゃう。

という感じ。単に誘惑に負けた日もあります。

一番最後のはまだ仕方ないにしても、ほかのはダメでしょ。わたし、自分に自分で言い訳するのうますぎる。ちょっと罪悪感は感じてたはずなんだけどだんだんそれも減ってきてる気がする。いかん。いかんぞ。SNS依存恐ろしい。心を入れ替えねば。

 

教訓 : 人はなにかと理由をつけて決めたことをやらずに済まそうとするもの。例外は作ってはいけない。

 

今日からこれを心に決めて、決めた時間くらいは制限してるアプリを見ないように気をつけようと思います。とほほ。また続報をブログに書きますね。