七転び八起き

ハロプロと観劇と、恋人のキツネさんとの同性同士の同棲生活のこと。

最近読んだもの観たもの

いっぱいいっぱいな時ほど楽しいことについて書こう、と思ったので最近触れた楽しいものについて書きます。

 

映画刀剣乱舞

映画刀剣乱舞。見ましたよ。素晴らしかったです。普段舞台でよく見かける俳優さんたちの出ている映画を見る、というのはとても新鮮な経験でした。だって舞台じゃこんなにアップで一人一人の表情や仕草の細かな演技を見られない。逆ももちろんあって、殺陣は舞台で彼らの全身が視界に入る形で、動きそのものを見る方が絶対楽しいわけなんですが。

そんな映画でも、鈴木拡樹氏はやっぱり国宝だった。細かな表情演技と美しい仕草が本当に凄かった。彼の演じる三日月宗近の気持ちの動きに寄り添った映画だったなと思ったのですが、彼が本当に演技がうまかったのでストレスなく見られたばかりか、三日月宗近が大好きになってしまいました。人を好きになるって、心地いいことだ。

三日月宗近に仕えられたい!と思って帰ってすぐ久々にゲーム刀剣乱舞にログインしました。

映画刀剣乱舞公式フォトブック

映画刀剣乱舞公式フォトブック

 

一人一人感想を書きたいところですがそれは気が向いたらまた別稿で。そして映画も良かったけど、映画いいなと思ったら是非舞台版を見てほしいなとやっぱりわたしは思ってしまいました。

やっぱり舞台の魅力って映画の魅力とは全く別のところにあるよなって思いました。どっちもわたしは好きです。でも、舞台を見る人の方がやっぱりどうしても少ないはずなので、舞台の良さを一人でも多くの人に体感してほしい。

舞台『刀剣乱舞』虚伝 燃ゆる本能寺 ~再演~(通常版) [Blu-ray]
 

ちなみに舞台版は映画版より話はずっとハードです。あんなにほっこりした気持ちで終われません。でも楽しいよ。

 

アイ・フィール・プリティ!

元気になれる映画!年末にとあるイベントで渥美さんという映画ライターさんがおススメされていたので見てみました。

その時のイベント↓

ぽっちゃり女子が頭を打って自分を絶世の美女だと思い込んでしまうというストーリーなんですけど、自分が美女だと思い込むだけでやっぱりものすごく行動が変わっていくんですよ。女性は誰でも感じるところがあるストーリーだと思います。エンパワメントされる作品。ラストでは劇場全体がすすり泣いていました。出てくる人もみんなチャーミングだし、高級化粧品会社が舞台なので衣装もめちゃくちゃ可愛くて皆個性的なファッションで、目が楽しいです。

 

キャロル

ひっさしぶりにアマゾンプライムでキャロルを見ました。やっぱり最高だった…。ラストシーンのケイト・ブランシェットの物言う瞳が本当に好きすぎて。ずっと大切な作品です。

キャロル(字幕版)

キャロル(字幕版)

 

 

ゴールデンカムイ 

流行ってますよねーゴールデンカムイ。アニメから入ってハマりかけてます。ストーリーが楽しすぎる。全部は録画できてなくて途中から見始めて、二期の最後までみたんですが、ハラハラドキドキの展開に目が離せませんでした。キャラクターも魅力的。鶴見中尉が好きすぎます。全巻欲しいよー。

ゴールデンカムイ コミック 1-16巻セット

ゴールデンカムイ コミック 1-16巻セット

 

余談ですが久しぶりに腐女子的目線を引っ張り出してきてどのカップリングが萌えるかキツネさんと話したのですが、わたしがこれなら萌える!と挙げたものでpixiv検索してみたらまるでヒットしなくて、嘘でしょ…!と思いました。昔からマイナーカプにはまりがちでしたが最近本当にひどい。自分でジャンルを切り開くしかなくて一人寂しくオタ活するパターンばっかり。意図したわけじゃないのにこうなる。寂しいよぅ。メジャーなカップリングにはまってみたいよぅ。

 

夫のちんぽが入らない

話題のおとちん。やっとこさ読みました。痛々しい、でも目を逸らせない、と思いながら読んでいましたが、最後の1ページに至って、胸に迫るメッセージに、泣きました。全てはこの1ページに至るための準備だったのかと思うと本当にすごい表現だなと思いました。嫉妬なんてしても仕方ない相手だと思いますが本当に嫉妬を感じました。最後の1ページでこだまさんが伝えたかったことは、わたしもマイノリティとして生きる中で日頃感じていることでしたが、その深さと優しさと説得力が凄すぎました。そしてこだまさんという人が好きになってしまいました。本当にすごいものを読んでしまった。

夫のちんぽが入らない (講談社文庫)

夫のちんぽが入らない (講談社文庫)

 

 

 

あなたが消えた夜に

これも楽しかった。最近読書量が減って、あんまりハマってる小説家さんっていなかったのですが、中村文則さんの小説は好きだなーと彼の小説を累計4冊くらい読んで思いました。キャラクター的にも楽しいし謎解き的にも楽しいし、暗さが好み。本作は、後半、タイトルの意味がいろんな角度から現れるのが面白かった。そして、人間の心とは……と、なんともいえない気持ちになりました。人間の心って、なんて複雑で、なんて脆くて、なんて恐ろしくて、なんて愛しいものなんだろうか…。

あなたが消えた夜に (毎日文庫)

あなたが消えた夜に (毎日文庫)

 

 

KOBO

ハロプロの推してるグループはもちろんモーニング娘。なのですが、最近気になってるハロプロの妹グループ、こぶしファクトリーとつばきファクトリーの合同コンサートのDVDも見ました。

こぶしファクトリー&つばきファクトリー プレミアムライブ 2018春“KOBO

こぶしファクトリー&つばきファクトリー プレミアムライブ 2018春“KOBO" [Blu-ray]

  • アーティスト: こぶしファクトリー&つばきファクトリー,岸本ゆめの,小野瑞歩,秋山眞緒,浅倉樹々,谷本安美
  • 出版社/メーカー: アップフロントワークス(ゼティマ)
  • 発売日: 2018/09/05
  • メディア: Blu-ray
  • この商品を含むブログ (1件) を見る
 

やばい。やばい。超やばい。可愛い。しかもこぶしちゃんは超歌上手い。DVDでもわかるくらい飛び抜けて上手い。あんなに可愛いのに歌も上手いってなにごと。特にれいれいが万能すぎてやばい。つばきちゃんはもうただただ可愛い。やばい。全員可愛い。お互いの曲をシャッフルして歌うのとか、いきなり万歩計バトル小芝居が始まるところとかも楽しかった。本当に買ってよかったです。おすすめ。

 

こうやって振り返ってみると仕事で忙しくしてても、隙間隙間で結構文化的なあれこれを摂取してますね。わたしにとってエンタメは空気みたいなものだなと改めて実感しました。エンタメを摂取しながらなんとかかんとか今日も生きていきます。