七転び八起き

ハロプロと観劇と、恋人のキツネさんとの同性同士の同棲生活のこと。

考えたこと記録(31日目)本をたくさん買った

私の好きだったパフォーマンス集団のトップの発言で正直怒り狂ってるんだけど、その話は書ききれなかったのでとりあえず置いておく。明日には書く。

 

今日は本をたくさん買いました。

f:id:ao-re:20190929001100j:image

お前『三体』と『フィフティーピープル』読みさしにして放っておいてる癖にと言わないで!すみませんすみません!最近韓国文学が流行りだしフェミニズム的な意味でも大変感心があるので上の二冊を買いました。ついでに下の二冊も。ちなみにフェミニズム的な意味でも、というところでは他にもこの三冊が読みたいです。

お砂糖とスパイスと爆発的な何か?不真面目な批評家によるフェミニスト批評入門

お砂糖とスパイスと爆発的な何か?不真面目な批評家によるフェミニスト批評入門

 
ウーマン・イン・バトル: 自由・平等・シスターフッド!

ウーマン・イン・バトル: 自由・平等・シスターフッド!

  • 作者: マルタブレーン,イェニーヨルダル,Marta Breen,Jenny Jordahl,枇谷玲子
  • 出版社/メーカー: 合同出版
  • 発売日: 2019/07/12
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る
 
三つ編み

三つ編み

 

最近、フェミニズム的な動きが若い人も含めて広まってきたし、フェミニズムに関心のある女性も増えてきている気がする。私は大学生のころ上野千鶴子さんとか信田さよ子さんとか小倉千佳子さんとかウーマンリブの田中美津さんとか、その辺の人の本を読み漁りまくって、それでなんとなくフェミニズム的なものを理解し、大人になって色々Twitterやら人との会話やらの中で徐々に自分の言葉として語れるようになりつつある気がする。でも、それはその当時の出版物を読んでの話であって、最近のフェミニストがどんなことを話しているのかとても興味がある。あの頃から比べたら格段に、フェミニズムについて平易な言葉で、いろんな人が、いろんな角度で、話し始めているように思う。それを摂取してみたい。

もしかしたらそれはTwitter界隈のことであって、現実世界ではそんな動きはもう少し薄まるのかもしれないけれど。心強いことだと思う。

 

今日はこんなところかな。おやすみなさい。