七転び八起き

ハロプロと観劇と、恋人のキツネさんとの同性同士の同棲生活のこと。

「#ついに山木と石田がイベントするってよ」(1部)に行ったら推しが尊すぎて死にそうになった

あのね、私ね、リアルなあゆみちゃんに会いに行くの、ほぼ半年ぶりだったんですよ。ここしばらく死にたくなって、転職して、お給料減って、精神にもお財布にも負担をかけないように慎ましく暮らしてきたので。

 

結果、死にました。帰宅してから倒れ込んでしばらく起き上がれなかったし、なんなら帰り道もちょいちょい立ち止まって蹲っては苦しさをなんとかしていた。きっと私、怪しい人か体調悪い人に見えてた。推しがさ、尊すぎるとさ、もはや苦しくなるんだね……しんど……。

 

何が私をそうまで追い込んだのか、書いてみたい。まずは内容について。

  • 最初、あゆみちゃんとりさちゃんが、テーブルに座ってつらつらとお話ししている導入部分。かーわいいんだよ、これが。あゆみちゃん、りさちゃんと二人だと素っぽい雑さを感じるんだけど変な気張りとかなくってでもちょっと優しい感じになって、あ、等身大のあゆみちゃんといつも通り安定の山木さんだあ……ってなってちょっと泣きそうになる。
  • 話している内容もやばい。ベタ惚れやんかお互い、みたいな内容だった。嫌いじゃないけど好きなものを食べた時の反応が同じで「このあん肝は石田さんに食べられた方が幸せだと思う」みたいな言い方をしたりさちゃんに対して、私と同じ言い方!!!!ってテンションがあがっちゃったあゆみちゃんの話とか。え、蜜月????そういうときあるよね、付き合いたてのお互いを知れば知るほど共通点が見つかって好きになっていくフェーズ、的な。もうずっとそんな感じでいてくれ。お幸せに。
  • お互いの履歴書を書いてみるという企画。もう会話がすべて惚気。すっごい後輩ちゃんたちに愛があるのに本人たちにはそれを出さないあゆみちゃん最高好き。
  • 謎解きゲームをする二人。あゆみちゃんのおたくである私は途中でくまちゃんが箱から出てきた時のあゆみちゃんのちょっと赤ちゃんに話しかけるみたいな話し方になっちゃったところを見逃さなかった。紺のドレスにさ、白っぽいテディベアを小脇に抱えたあゆみちゃんの可愛さ……ちょっと言葉を失うレベルに可愛い。テディを箱に戻す時も、ちゃんと可愛く見えるように箱から手を出したりして整えてあげてたのもさ…………尊いという言葉しか出てこない………。
  • ライブコーナーははもう全部が素敵でやばくて私が死亡した原因になったものです、はい。本当に。致死量の素敵さ。「彼と一緒にお店がしたい!」を歌った時のぶりっぶりのあゆみちゃん、「シャボン玉」の時の激しくて狂おしいダンスのあゆみちゃん、そして出だしの歌い方がアツすぎて最高なりさちゃん。その最初の二曲だけでテンション爆上がり。愛する人ーはお嬢だけー!ってやれたのも楽しかった。セリフ部分りさちゃんバージョン良かったー。
  • 「HEY!真昼の蜃気楼」と「It's You」ではあゆみちゃんのダンスが艶やかで素敵でかっこよくて、頑張ってペンライトは振ったけど胸が苦しくて苦しくて、どうしようもなかった。特に「It's You」はりさちゃんがガッツリ歌ってあゆみちゃんがガッツリ踊るという構成だったから、お互いのいいところが引き立って、最高だった。二人組ユニットとして活動してほしいって本気で思った。ていうかあゆみちゃんさ、スカート使いがうますぎる上に背中で語りすぎじゃない?こっちに背をむけてリズムとってちょっと踊ってるだけでも最高すぎてしんどかった。目に焼き付けて帰ってきた。なんで、立ってるだけ、リズムとってるだけ、ちょっと体動かしてるだけでも、かっこいいんだろう。もはや泣けてくる。
  • 「明日を作るのは君」はお互いに対するメッセージっていう感じのステージングになっていてきゅんきゅんした。
  • ベリ曲「世の中薔薇色」やってくれたのも超嬉しかったなあ。めちゃめちゃコールした。

 

なんかさ、ベリ曲やってくれたから、ベリのコンサート行ってた頃を思い出してちょっと懐かしくなったりしながらコールしてたけどさ、両隣の人と比べて自分の愛の重さを感じてしまってうわあってなった。だってさ、片方の隣の人はめっちゃ楽しそうにペンライトノリノリで振ってコールして笑って、って感じだったし、もう片方の隣の人はまだファン歴があさそうな感じで所在なさげにペンライト振ってたけど、私はというと慣れた曲はそりゃあペンライト振るしコールもするけど、もうあゆみちゃんが好きすぎて、苦しくなっちゃって、あゆみ色とりさ色のペンライト片手に持ってもう片方の手で口を覆っていないと立っていられないくらいの気持ちで、楽しむっていうよりもう殉教者みたいな気持ちで、あ、私相当気持ち悪いし相当重いな、って思ったのよ。帰ってからずっとパートナーにイベントの話をしながら、「こんなに好きになった推しって初めてじゃない?」って言われて、そうかも、ってなった。ちなみにFSKを買わなかったことを後悔しながら家路について、帰宅後にプレモニの抽選二枚申し込んだしあゆみちゃんのBDイベントまだかなーって見てしまったしあゆみちゃん写真集の予約もしたし買ってなかったハロコンのDVDも買った。やばい。気が触れている。FSKを買わずに節約した分も、夏から秋にかけてなるべく散財しないように頑張って徐々に財政健全化してきて浪費しなくなったという努力もどこかに行ってしまった。

 

だってさ、こんな重たくて汚い気持ち、あゆみちゃんに背負わせていいとは思わないけど、あゆみちゃんはいつも頑張っていて、努力していて、どこまでも得意なダンスを突き詰めてどこまでも上手くなっていく。その姿を見ていると駄目駄目でだらしない私もどこかで努力しなきゃ、がんばらなきゃって思うし、生きていこうって思える。(でも今日は正直言って色々吸い取られた気持ちでもある。でも推しに生命力を吸い取られるなら本望っていうか、人間どうしてもバランスを取るものなので吸い取られた分どこかで多分栄養補給をするんだと思う、きっと。美味しいご飯とか、マッサージとか、ぼんやりするとか、よく眠るとか。そうしていつの間にかまた元気になる。そんな予感がする。)だから、多少の散財は、しょうがないっていうか。あとでそのツケを払うことにはなるけどどうせ苦しむのは自分だし。言い訳かもしれないけど。

 

りさちゃんが卒業してしまう。それは本当に寂しいしもったいないなって思うけど、あゆみちゃんだって、そう遠くない将来に卒業してしまう、きっと。だからさ、それまでは真剣に追いかけたい。カンガちゃんが活動を停止してしまう前に、結局コンサート行けなくて、ラスコンもチケット落選して、すごく後悔している。それと全く同じようなことが、これだけ苦しいくらい好きなあゆみちゃんにも起こるかもしれない。だから、今のうちに見られるだけ見ておきたいんだ。ちなみに冬のハロコンは4公演入ります。

 

ねえあゆりさ本当にすごくすごく素敵な二人だって思うから、山木さん一回芸能界引退しても、戻ってきていいんだよ。戻ってきてよ。あゆみちゃんが卒業する頃にさ。それでさ、二人で歌とダンスのユニットやろうよ。お願い。夢だけ見て、勝手に待ってるね。

 

そんなわけで久しぶりに摂取したあゆみちゃんが強烈すぎて死にそうです。今日は深く眠れそうだ。おやすみなさい。